電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-26 16:20
ソフトウェア開発企業におけるD-Case活用方法の提案
小林展英・○宇都宮浩之山本佳和デンソークリエイト)・山本修一郎名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ソフトウェア開発で作成する成果物の品質を高めるためには、上位者の経験や考え方を見える化して 担当者と正しく共有できることが重要である。本論文では、上位者の経験や考え方を D-Case を用いて見える化し、 その内容に基づいて成果物を作成、確認する方法を提案する。また、実際にソフトウェア開発の現場に導入した実 績とその結果から見えてきた D-Case の活用パターンについて紹介する。 
(英) Visualization of software development process is useful to provide high quality products. This paper describes the way of working to develop and review products based on expertise of experts with D-Case diagrams. It also describes useful D-Case patterns extracted from the result of introducing D-Case to our several software development projects for a Japanese software company.
キーワード (和) D-Case / レビュー / 説明 / 合意形成 / / / /  
(英) D-Caes / Review / explain / consensus / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 420, KBSE2014-44, pp. 31-36, 2015年1月.
資料番号 KBSE2014-44 
発行日 2015-01-19 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2015-01-26 - 2015-01-27 
開催地(和) 機械振興会館 B3F-2 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2015-01-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトウェア開発企業におけるD-Case活用方法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal of D-Case based development process in a software development company 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) D-Case / D-Caes  
キーワード(2)(和/英) レビュー / Review  
キーワード(3)(和/英) 説明 / explain  
キーワード(4)(和/英) 合意形成 / consensus  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 展英 / Nobuhide Kobayashi /
第1著者 所属(和/英) 株式会社デンソークリエイト (略称: デンソークリエイト)
DENSO CREATE INC (略称: DENSO CREATE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都宮 浩之 / Hiroyuki Utsunomiya /
第2著者 所属(和/英) 株式会社デンソークリエイト (略称: デンソークリエイト)
DENSO CREATE INC (略称: DENSO CREATE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 佳和 / Yoshikazu Yamamoto /
第3著者 所属(和/英) 株式会社デンソークリエイト (略称: デンソークリエイト)
DENSO CREATE INC (略称: DENSO CREATE)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto /
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-26 16:20:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2014-44 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.420 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2015-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会