電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-29 14:15
CSRマーケティングにおける価値観データの有用性について 〜 共創のフレーム構築を目指したデータ活用の検討 〜
山田晃平シナジーマーケティング)・加賀有津子阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 環境,貧困,教育を始めとする社会共通の課題の解決において,重要な概念として提唱されているのが「共創」である.しかし,各プレーヤーを主体とする取り組み(CSR,NPO,プロボノなど)は日本においてはまだまだ萌芽的・個別的であり,それらが「共創」し課題の解決に貢献するようなフレームは構築されていない.本稿は,共創のフレーム構築に貢献するデータ活用の在り方を提案し,議論を深化させる呼び水となることを目的とする. 
(英) Environment, Poverty, and Education – for proving our common issues, “Co-creation” is put forward as the important concept. However, each activity played by different stakeholder (CSR, NPO, Pro-Bono, and so on.) is still seedling and separate things, so the Frame of Co-creation for proving the issues has not structured yet. This study proposes the data utilization for structuring the frame of Co-creation. We expect this study will be useful for the discussion related to Co-creation.
キーワード (和) 共創 / CSR / 価値観 / マーケティング / 地域社会 / / /  
(英) Co-creation / CSR / Values / Marketing / Community / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 343, AI2014-30, pp. 27-31, 2014年11月.
資料番号 AI2014-30 
発行日 2014-11-22 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2014-11-29 - 2014-11-29 
開催地(和) 九州工業大学 サテライト福岡天神11階 
開催地(英)  
テーマ(和) 「創造的社会システムとしてのデータ市場のデザイン」 および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2014-11-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CSRマーケティングにおける価値観データの有用性について 
サブタイトル(和) 共創のフレーム構築を目指したデータ活用の検討 
タイトル(英) On the Usefulness of Values Data for CSR Marketing 
サブタイトル(英) A Study of Data utilization for Structuring the Frame of Co-creation 
キーワード(1)(和/英) 共創 / Co-creation  
キーワード(2)(和/英) CSR / CSR  
キーワード(3)(和/英) 価値観 / Values  
キーワード(4)(和/英) マーケティング / Marketing  
キーワード(5)(和/英) 地域社会 / Community  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 晃平 / Kohei Yamada / ヤマダ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) シナジーマーケティング株式会社 (略称: シナジーマーケティング)
Synergy Marketing, Inc. (略称: Synergy Marketing)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加賀 有津子 / Atsuko Kaga / カガ アツコ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-29 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2014-30 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.343 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AI-2014-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会