電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-17 17:00
光子の量子測定における測定誤差と反作用との非古典相関
飯沼昌隆鈴木佑太朗新居大記木下竜二ホフマン ホルガ広島大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) Ozawaの不等式で定義された測定誤差は二準位系に限れば古典的誤差と等しくなるため、古典統計を用いて容易に評価できる。しかしながら擾乱の評価に用いる相補的な物理量の測定結果を含めて測定誤差を評価すると、非古典的相関の寄与によって測定誤差が小さくなることがわかった。初期状態が純粋状態のとき理想的にはゼロになる。我々は光子の偏光を用いた量子測定の実験から誤差を評価し、相補的な物理量の測定結果を含めた誤差が従来より小さくなることを確認した。 
(英) The measurement errors defined in Ozawa’s inequality appear to be equivalent to classical errors in the special case of two-level systems, so they can be evaluated easily using only classical statistics. However, it is shown that the contribution of non-classical correlation between the measurement outcome and additional data obtained from the output can reduce the measurement errors based on the additional information regarding a complementary observable. For pure states, the error can then be ideally reduced to zero. We estimated the errors for an experimental quantum measurement of photon polarization and confirmed that the errors of estimates that include the output value of a complimentary polarization component are much smaller than errors of the measurement itself.
キーワード (和) 量子測定 / 光子 / 偏光 / 測定誤差 / 擾乱 / 非古典相関 / 測定の強さ可変測定 /  
(英) quantum measurement / photon / polarization / measurement error / disturbance / non-classical correlation / variable strength measurement /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2014-11-17 - 2014-11-18 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2014-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光子の量子測定における測定誤差と反作用との非古典相関 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-classical correlation between measurement errors and back-action effects in quantum measurement of photon polarization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子測定 / quantum measurement  
キーワード(2)(和/英) 光子 / photon  
キーワード(3)(和/英) 偏光 / polarization  
キーワード(4)(和/英) 測定誤差 / measurement error  
キーワード(5)(和/英) 擾乱 / disturbance  
キーワード(6)(和/英) 非古典相関 / non-classical correlation  
キーワード(7)(和/英) 測定の強さ可変測定 / variable strength measurement  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯沼 昌隆 / Masataka Iinuma / イイヌマ マサタカ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 佑太朗 / Yutaro Suzuki / スズキ ユウタロウ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新居 大記 / Taiki Nii / ニイ タイキ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 竜二 / Ryuji Kinoshita / キノシタ リュウジ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) ホフマン ホルガ / Holger F. Hofmann / ホフマン ホルガ
第5著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-17 17:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会