電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-11-06 15:30
アシュアランスケースによるArchiMateのビジネスアーキテクチャの妥当性確認手法の考案
村井謙太山本修一郎名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ArchiMate は,アーキテクチャをビジネス層,アプリケーション層,テクノロジー層の 3 階層に分解 して,それぞれの層に対して詳細にモデリングを行うことで業務全体のアーキテクチャを記述するモ デリング言語である.しかし,ArchiMate は明確にレビュー方法が定義されていないため,記述した アーキテクチャの妥当性を評価することは困難である.
そこで本稿では,ArchiMate のビジネス層に着目し,ArchiMate で記述されたビジネスアーキテクチャ に対してアシュアランスケースを作成することでビジネスアーキテクチャの妥当性を確認する手法 を提案する.また,本手法を具体的な業務事例に対して適用し,その結果を述べる. 
(英) ArchiMate is a modeling language to describe the architecture of business layer, application layer, and technology hierarchical layer. It also models in detail for each layers. However, it is difficult to evaluate the validity of the architecture described because review method of ArchiMate is not defined definitely.
In this paper, by focusing to the business layer of ArchiMate, we propose the method to confirm the validity of the business architecture of ArchiMate. In addition, we will show the result that application of the proposed method to for a business example.
キーワード (和) ArchiMate / アシュアランスケース / 保証 / 妥当性 / / / /  
(英) ArchiMate / Assurance Case / Assurance / Validity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 292, KBSE2014-31, pp. 19-24, 2014年11月.
資料番号 KBSE2014-31 
発行日 2014-10-30 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2014-11-06 - 2014-11-07 
開催地(和) 同志社大(京都/室町キャンパス,寒梅館3F) 
開催地(英) Doshisha Univ.(Kanbai-kan 3F, Muromachi Campus, Kyoto) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Genaral session 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2014-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アシュアランスケースによるArchiMateのビジネスアーキテクチャの妥当性確認手法の考案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A consideration on a method to assure the business architecture in ArchiMate by using assurance cases 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ArchiMate / ArchiMate  
キーワード(2)(和/英) アシュアランスケース / Assurance Case  
キーワード(3)(和/英) 保証 / Assurance  
キーワード(4)(和/英) 妥当性 / Validity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 謙太 / Kenta Murai / ムライ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 修一郎 / Shuichiro Yamamoto / ヤマモト シュウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-11-06 15:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2014-31 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.292 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2014-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会