電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-24 10:30
離散事象システムにおけるMaxSATソルバを用いた最大可制御部分仕様の導出
廣田 樹結縁祥治名大)・東道徹也デンソー
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 離散事象システム(DES)とは,事象の離散的な生起により状態が遷移するシステムの総称である.離散事象システムでは,システムの応答を記述するプラントとそれを制御するスーパバイザによって振舞いを記述する.スーパバイザ制御では,形式記述された制御仕様をプラントが満たすように制御するスーパバイザを構成する.応答に対してスーパバイザが存在する,またそのときに限り,可制御性を満たし,仕様を満たすシステムの振舞いが実現可能である.一般に,可制御性を満たさない場合は,最大限満たすことのできる仕様(最大可制御部分仕様) を求める.本稿では,DES における可制御性問題を宣言的に定式化して部分最大充足可能性問題に帰着し,MaxSAT ソルバを用いて最大可制御部分仕様を求める手法を提案する.また,提案手法を実験的な例題へ適用し,その適用の可能性を議論する. 
(英) A discrete event system, DES for short, makes state transitions by discrete occurrences of events.System behavior is modelled as the composition of a plant and a supervisor, where the plant models the reactive behavior and the supervisor controls the plant. The supervisory control is constructed so that the plant satisfies a specification described as a formal language. Controllablity with respect to the specification is defined as the necessary and sufficient condition for the existence of a supervisor. Even if a specification is not controllable with respect to the plant, the supremal controllable sub-specification can be derived. We propose a method to derive the supremal controllable sub-specifications using MaxSAT solvers by declaratively encoding the controllable problem as the partial maximum satisfiablity problem. We argue that our method may be applied as a verification for DES behavior models by showing the experimental result for small examples.
キーワード (和) 離散事象システム / スーパバイザ制御 / 最大充足可能性問題 / MaxSATソルバ / / / /  
(英) discrete event systems / supervisory control theory / maximum satisfiability problem / MaxSAT solvers / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 271, SS2014-31, pp. 35-40, 2014年10月.
資料番号 SS2014-31 
発行日 2014-10-16 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi city culture-plaza cul-port 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2014-10-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 離散事象システムにおけるMaxSATソルバを用いた最大可制御部分仕様の導出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deriving supremal controllable sub-specifications in discrete event systems using MaxSAT solvers. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 離散事象システム / discrete event systems  
キーワード(2)(和/英) スーパバイザ制御 / supervisory control theory  
キーワード(3)(和/英) 最大充足可能性問題 / maximum satisfiability problem  
キーワード(4)(和/英) MaxSATソルバ / MaxSAT solvers  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 樹 / Tatsuki Hirota / ヒロタ タツキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 結縁 祥治 / Shoji Yuen / ユウエン ショウジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東道 徹也 / Tetsuya Tohdo / トウドウ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO CORPORATION (略称: DENSO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-24 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2014-31 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.271 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会