電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-23 15:45
UPPAALを用いたLEGO Mindstorms EV3制御プログラムの合成
荒川 洸結縁祥治名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究は,UPPAALを用いて記述した時間オートマトンによる振舞い仕様からLEGO Mindstorm EV3システムを制御するC言語プログラムを合成する手法を提案する.UPPAALは複数の時間オートマトンがネットワークで同期しながら計算が進行する振舞いを記述し,制限されたCTLによって記述された性質に対するモデル検査を行うツールである.LEGO Mindstorm EV3の振舞いをモジュール毎に時間オートマトンで時間依存の振舞いの概略を記述し,さらに詳細を記述したC言語を合成することで全体の制御プログラムを合成する.詳細のC言語プログラムが局所的に性質を満していれば,全体の仕様を満たす制御プログラムが合成可能であるため,特に時間制約による組合せに起因する誤りを有効に発見することができる.ブロックの色による仕分け装置に本手法を適用してプログラムの合成手法を示す. 
(英) We present a code synthesis for controlling the LEGO Mindstorm EV3 using UPPAAL as the designing tool. UPPAAL is a model checking tool for the network of extended timed automata. A group of timed automata may synchronize with each other by shared events and the global time passage. The properties are described by a restricted form of CTL. By designing the modules of LEGO Mindstorms EV3 with timed automata, the whole control program can be synthesized from the local programs which should satisfy the local properties. With the model checking of UPPAAL, timing errors are efficiently pointed out. We show an example of automatically selecting bricks by colors code synthesis for a simple machine.
キーワード (和) 時間オートマトン / モデル検査 / UPPAAL / コード合成 / / / /  
(英) timed automata / model checking / UPPAAL / code synthesis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 271, SS2014-32, pp. 41-46, 2014年10月.
資料番号 SS2014-32 
発行日 2014-10-16 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2014-10-23 - 2014-10-24 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi city culture-plaza cul-port 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2014-10-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UPPAALを用いたLEGO Mindstorms EV3制御プログラムの合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Code synthesis for LEGO Mindstorms EV3 using UPPAAL 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時間オートマトン / timed automata  
キーワード(2)(和/英) モデル検査 / model checking  
キーワード(3)(和/英) UPPAAL / UPPAAL  
キーワード(4)(和/英) コード合成 / code synthesis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 洸 / Mitsuru Arakawa / アラカワ ミツル
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 結縁 祥治 / Shoji Yuen / ユウエン ショウジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-23 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2014-32 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.271 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2014-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会