電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-15 13:15
AM-OLEDの電流均一化パルス幅変調駆動方式 ~ 画素間輝度バラツキと輝度低下の抑制効果検証 ~
木村 睦西依知也鈴木大介小池正通澤村茂樹加藤正和龍谷大エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2014-8
抄録 (和) 現在,AM-OLEDは,高画質・高精細・高速応答・極薄型の究極のFPDとして研究開発がすすむとともに,スマートフォンの最上位機種のメインディスプレイなどにLCDに代わって搭載されている.今後,衝撃耐性やフレキシブル性といった特長も活かして,超高精細・超大型ディスプレイなどにさらに応用範囲は拡がってゆくと期待されている.しかしながら,現状のAM-OLEDには,発光履歴に応じて輝度低下が生じるという経時劣化課題がある.これは,表示特性としては,固定パターンを長時間表示するとその固定パターンが画像焼付となるという致命的な現象として現れる.なかでも,将来の適用が期待される印刷プロセスで作製する高分子型OLEDでは,深刻な問題となる.そこで我々は,「電流均一化パルス幅変調駆動方式」を提案している.特に本講演では,実際の画素サイズに配置した等価回路を用いて,電気的な動作確認を行う. 
(英) Recently, AM-OLEDs have been researched and developed as ultimate FPDs with advantages such as high image quality, high resolution, fast response, and super thin form, and loaded on high ends of smart phones. From now on, application areas will be expected to be spread to super high resolution and super large size displays. However, currently, AM-OLEDs have a degradation problem that a brightness degradation occurs depending on the light-emitting history. This is a fatal problem on display characteristics that a sticking image occurs when a fixed pattern is displayed for a long time. Particularly, this is a serious problem for polymer OLEDs that is promising because they can be fabricated using printing process. Therefore, we are proposing "pulse-width modulation with current uniformization". In this presentation, we utilize an equivalent circuits that has the same arrangement of practical pixels and confirm the electrical operation.
キーワード (和) AM-OLED / 画素間輝度バラツキ / / / / 電流均一化パルス幅変調駆動方式 / 輝度低下 /  
(英) AM-OLED / Brightness variation between pixel to pixel / / / / Pulse-width modulation with current uniformization / Brightness degradation along time going /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 248, EID2014-8, pp. 1-4, 2014年10月.
資料番号 EID2014-8 
発行日 2014-10-08 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034)

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY ITE-HI ITE-3DIT IEE-OQD SID-JC  
開催期間 2014-10-15 - 2014-10-15 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 画像技術,視覚・画質関連,その他一般 
テーマ(英) Imaging Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2014-10-EID-IDY-HI-3DIT-OQD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AM-OLEDの電流均一化パルス幅変調駆動方式 
サブタイトル(和) 画素間輝度バラツキと輝度低下の抑制効果検証 
タイトル(英) Pulse-Width Modulation with Current Uniformization for AM-OLED 
サブタイトル(英) Reduction Effect Confirmation of Pixel-to-Pixel Brightness Deviation and Brightness Degradation 
キーワード(1)(和/英) AM-OLED / AM-OLED  
キーワード(2)(和/英) 画素間輝度バラツキ / Brightness variation between pixel to pixel  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) 電流均一化パルス幅変調駆動方式 / Pulse-width modulation with current uniformization  
キーワード(7)(和/英) 輝度低下 / Brightness degradation along time going  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 睦 / Mutsumi Kimura / キムラ ムツミ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西依 知也 / Tomoya Nishiyori / ニシヨリ トモヤ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 大介 / Daisuke Suzuki / スズキ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 正通 / Masamichi Koike / コイケ マサミチ
第4著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤村 茂樹 / Shigeki Sawamura / サワムラ シゲキ
第5著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 正和 / Masakazu Kato / カトウ マサカズ
第6著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-15 13:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2014-8 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.248 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2014-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会