電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-10-15 14:15
知覚画像シミュレーションに基づくDLPプロジェクタの色割れ評価
平井経太鳥毛奈保子堀内隆彦富永昌治千葉大)・澁谷竹志長谷川史裕能勢将樹リコーエレソ技報アーカイブへのリンク:EID2014-10
抄録 (和) 本稿では,DLPプロジェクタにおける色割れの定量的評価手法を提案する.一般に,色割れ知覚の原理は,眼球運動の状態である追随運動とサッケードによって異なるとされる.そのため,従来の色割れ評価では,追随またはサッケードによる色割れを統合的に扱うことができなかった.本稿では,はじめに,追随とサッケードの双方の色割れに対して,統一的に扱うことが可能な色割れ知覚メカニズムのモデル化を行い,その仮説に基づいた色割れの知覚シミュレータを設計する.次に,人間の色割れ知覚を評価するため,主観評価実験を行う.最後に,シミュレート結果から得られた客観評価値と,実験から得られた主観評価値との相関を算出することによって,色割れ知覚シミュレートに基づいた客観評価値の信頼性について検証する. 
(英) This paper presents image quality metrics for evaluating the color breakups of DLP projectors. In general, color breakups are categorized into two cases; due to smooth-pursuit eye-tracking and due to saccades. Conventional image quality metrics that evaluated color breakup artifacts focus on the color breakups due to either smooth pursuit eye-tracking or saccades. Thus, this paper presents color breakups assessment method due to both smooth pursuit eye-tracking and saccades. First, we develop a perceived image simulator of color breakups. The color breakup criteria are calculated from the simulated perceived images. Finally, we analyzed the relationship between the objective and subjective experimental results.
キーワード (和) 色割れ / 知覚画像シミュレータ / ぼやけ幅 / 色差 / SSIM / / /  
(英) Color breakup / Perceived image simulator / Blur width / Color difference / Structural similarity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 248, EID2014-10, pp. 9-12, 2014年10月.
資料番号 EID2014-10 
発行日 2014-10-08 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034)

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY ITE-HI ITE-3DIT IEE-OQD SID-JC  
開催期間 2014-10-15 - 2014-10-15 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 画像技術,視覚・画質関連,その他一般 
テーマ(英) Imaging Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2014-10-EID-IDY-HI-3DIT-OQD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 知覚画像シミュレーションに基づくDLPプロジェクタの色割れ評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Color Breakup Assessment of DLP Projectors based on Perceived Image Simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色割れ / Color breakup  
キーワード(2)(和/英) 知覚画像シミュレータ / Perceived image simulator  
キーワード(3)(和/英) ぼやけ幅 / Blur width  
キーワード(4)(和/英) 色差 / Color difference  
キーワード(5)(和/英) SSIM / Structural similarity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 経太 / Keita Hirai / ヒライ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥毛 奈保子 / Naoko Torige / トリゲ ナオコ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 隆彦 / Takahiko Horiuchi / ホリウチ タカヒコ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 昌治 / Shoji Tominaga / トミナガ ショウジ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 澁谷 竹志 / Takeshi Shibuya / シブヤ タケシ
第5著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
Ricoh Company, Ltd. (略称: Ricoh)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 史裕 / Fumihiro Hasegawa / ハセガワ フミヒロ
第6著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
Ricoh Company, Ltd. (略称: Ricoh)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 能勢 将樹 / Masaki Nose / ノセ マサキ
第7著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
Ricoh Company, Ltd. (略称: Ricoh)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-10-15 14:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2014-10 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.248 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2014-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会