電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-30 09:45
赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰継続時間と雨域通過速度の関係について
前川泰之竹本圭吾田間章宏柴垣佳明阪電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 京都大学生存圏研究所(RISH、宇治市)とインドネシア西スマトラ州の赤道大気レーダー(EAR)観測所において、2002年9月から2006年9月までの4年間にわたって測定を行ったKu帯衛星スーパーバードCの上下回線における降雨減衰統計について詳しく検討を行った。また、EARに併設されたX帯気象レーダの同伝搬路上における降水雲分布の測定値を用いて、Ku帯衛星回線の降雨減衰を推定したところ、降雨減衰の実測値とはその瞬時値と年間累積時間率分布いずれにおいても良い一致が見られた。X帯気象レーダで測定された雨域の水平断面の移動との比較を行った結果、赤道直下のEARでは日本よりも雨域の移動がかなり遅く降雨減衰継続時間が長くなる傾向が示された。また降雨強度が70mm/h以上でも対流性降雨では降雨継続時間がさらに増大する傾向が見られた。 
(英) Rain attenuation statistics are obtained for both up and down links of Ku-band Superbird C, which connects the earth stations at Equatorial Atmosphere Radar (EAR) in West Sumatra, Indonesia and Research Institute of Sustainable Humanosphere (RISH) of Kyoto University in Uji, Kyoto during four years from Sept.2002 to Sept.2006. The rain attenuation and its annual statistics are simultaneously calculated from the precipitation cloud echoes measured by the X-band meteorological radar, being in good agreement with the direct measurements by the satellite signals. The radar observations also indicate the decrease of time percentages in high attenuation range due to localized structure of the clouds. The duration time of rain attenuation is estimated from the horizontal distribution and moving speed of the X-band radar echoes. It is found that some of the duration time can be much longer than in Japan even for extremely large rainfall rate exceeding 70 mm/h.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨減衰継続時間 / Ku帯 / 赤道域 / 雨域通過速度 / X帯気象レーダ / /  
(英) Satellite communications / Rain attenuation duration time / Ku-band / Equatorial region / Rain area motion / X-band radar / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 62, AP2014-29, pp. 59-62, 2014年5月.
資料番号 AP2014-29 
発行日 2014-05-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industory Support Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 赤道域におけるKu帯衛星回線の降雨減衰継続時間と雨域通過速度の関係について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between Rain Attenuation Duration Time of Ku-Band Satellite Communications Links and Speeds of Rain Area Motion in Equatorial Region 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite communications  
キーワード(2)(和/英) 降雨減衰継続時間 / Rain attenuation duration time  
キーワード(3)(和/英) Ku帯 / Ku-band  
キーワード(4)(和/英) 赤道域 / Equatorial region  
キーワード(5)(和/英) 雨域通過速度 / Rain area motion  
キーワード(6)(和/英) X帯気象レーダ / X-band radar  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 泰之 / Yasuyuki Maekawa / マエカワ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹本 圭吾 / Keigo Takemoto / タケモト ケイゴ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田間 章宏 / Akihiro Tama / タマ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴垣 佳明 / Yoshiaki Shibagaki / シバガキ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-30 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-29 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会