電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-30 14:10
完全磁気導体反射板付きダイポールアンテナの構成
久世竜司村上靖宜堀 俊和藤元美俊福井大)・関 卓也佐藤啓介大島一郎電気興業
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 完全磁気導体(PMC; Perfect Magnetic Conductor)を特定の周波数で実現した人工磁気導体(AMC; Artificial Magnetic Conductor)を反射板として用いることで,アンテナの低姿勢化および高利得化ができる.しかし,複雑な電磁応答が生じるために,AMC反射板付きアンテナに影響する要因が多く最適な構成を得ることが困難である.
本報告では,FDTD法を用いて理想的なPMCシートを構成し,PMC特性を持つ表面および地板がPMC反射板付きアンテナの指向性利得に及ぼす影響を明らかにする.これによってAMC反射板付きアンテナの最適な構成を明らかにする.解析の結果,PMC-地板間の距離に依らず,天頂方向への指向性利得がピークとなるPMCシートの大きさを明らかにした.また,地板の大きさが指向性利得のピークの値とPMCシートの大きさに依存することを示した.さらに,PMCを用いた検討で明らかにした最適な構成を基にAMC反射板付きダイポールアンテナを設計した.その結果,約11dBiの指向性利得が得られた. 
(英) The low-profile and high gain antenna can be realized by using an AMC (Artificial Magnetic Conductor) as the reflector that has the PMC (Perfect Magnetic Conductor). However, there are many factors such as effects on the antenna with the AMC reflector. Thus, deriving the optimum configuration of the antenna with the AMC reflector is difficult.
This paper describes the effect of the size of the surface with PMC characteristics and the ground plane by using ideal PMC in FDTD analysis. As the result, it was clarified that the distance between the PMC and the ground plane didn’t depend on the size of PMC with the high directive gain. Moreover, it is shown that the ground plane size depend on the directive gain and the optimum PMC size. In addition, the dipole antenna with the AMC reflector was designed from the optimum configuration of the dipole antenna with the PMC reflector. The directive gain of 11dBi was obtained.
キーワード (和) 完全磁気導体 / 人工磁気導体 / 反射板付きアンテナ / / / / /  
(英) PMC / AMC / Antenna with reflector / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 62, AP2014-36, pp. 91-94, 2014年5月.
資料番号 AP2014-36 
発行日 2014-05-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industory Support Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 完全磁気導体反射板付きダイポールアンテナの構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Configuration of Dipole Antenna with PMC Reflector 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 完全磁気導体 / PMC  
キーワード(2)(和/英) 人工磁気導体 / AMC  
キーワード(3)(和/英) 反射板付きアンテナ / Antenna with reflector  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久世 竜司 / Ryuji Kuse / クセ リュウジ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 靖宜 / Yasutaka Murakami / ムラカミ ヤスタカ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 俊和 / Toshikazu Hori / ホリ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 卓也 / Takuya Seki / セキ タクヤ
第5著者 所属(和/英) 電気興業株式会社 (略称: 電気興業)
Denki Kogyo Co., LTD (略称: Denki Kogyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 啓介 / Keisuke Sato / サトウ ケイスケ
第6著者 所属(和/英) 電気興業株式会社 (略称: 電気興業)
Denki Kogyo Co., LTD (略称: Denki Kogyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 一郎 / Ichiro Oshima / オオシマ イチロウ
第7著者 所属(和/英) 電気興業株式会社 (略称: 電気興業)
Denki Kogyo Co., LTD (略称: Denki Kogyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-30 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-36 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.91-94 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会