電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-30 13:35
受信ビームフォーミングを用いた多素子パッシブMIMOのMLD演算量低減法
高橋亮太寺崎圭祐岩手大)・村田健太郎防衛大)・本間尚樹恒川佳隆岩手大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,パッシブRFID(Radio Frequency Identification)の伝送速度向上法として提案されているパッシブMIMO(Multipule-Input Multiple-Output)伝送の復調演算量低減法について述べる.本検討では,アナログ信号処理を用いてタグアンテナの相互結合を抑制し,受信ビームフォーミングを用いてタグ情報をグループごとに復調することでMLD(Maximum Likelihood Detection)演算量を低減する.数値解析結果より,わずかなBER(Bit Error Rate)特性の劣化のみでグループ復調による演算量低減が可能であることを示す.また,その効果はタグアンテナ数に比例して大きくなり,多素子パッシブMIMO伝送の復調演算量低減法として有効であることを明らかにする. 
(英) In this report , we show the method to reduce complexity of demodulation in passive Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) scheme, which has been proposed to improve transmission rate in passive Radio Frequency Identification (RFID).In order to reduce complexity of Maximum Likelihood Detection (MLD),analog signal processing is used to decouple mutual coupling among tag antennas and tag information for each group can be separately demodulated by using beam-forming at receiver.Based on the simulation, it is shown the proposed demodulating method can improve the complexity of MLD with slight deterioration of BER.Also, it is shown the proposed method is effective especially in reducing complexity of massive and passive MIMO demodulation and this advantage becomes remarkable in proportion to the number of the tag antennas.
キーワード (和) MIMO / RFID / 負荷変調 / MLD / / / /  
(英) MIMO / RFID / load modulation / MLD / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 62, AP2014-35, pp. 85-90, 2014年5月.
資料番号 AP2014-35 
発行日 2014-05-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industory Support Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受信ビームフォーミングを用いた多素子パッシブMIMOのMLD演算量低減法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Method to Reduce Complexity of MLD in Massive and Passive MIMO using Beam-forming at Receiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) RFID / RFID  
キーワード(3)(和/英) 負荷変調 / load modulation  
キーワード(4)(和/英) MLD / MLD  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 亮太 / Ryota Takahashi / タカハシ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺崎 圭祐 / Keisuke Terasaki / テラサキ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 健太郎 / Kentaro Murata / ムラタ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 恒川 佳隆 / Yoshitaka Tsunekawa / ツネカワ ヨシタカ
第5著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-30 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-35 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会