電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-30 15:35
偏波変換機能を有するパッチ型メタ・サーフェス
神谷実咲久世竜司堀 俊和藤元美俊福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) メタ・サーフェスとは地板上に金属パッチを狭い間隔で周期的に配置した構造であり,自然界には存在しない性質を実現した表面である.任意の反射角をもつ反射板として伝搬路改善等に利用できると期待されている.しかしこの平面を利用した,偏波の制御については十分に検討されていない. そこで本報告では,直線偏波を円偏波に変換する偏波変換特性を有する新たなメタ・サーフェスを提案し,ユニットセルの構成と反射する円偏波の比帯域幅との関係を明らかにする.また,金属パッチの配置範囲と軸比特性の関係を明らかにし,帯域特性を考慮したメタ・サーフェスの設計を行う.その結果,金属パッチ‐地板間距離h=0.11λ0,パッチサイズ比r=0.65,アスペクト比py/px=5.0のユニットセルの構造で,金属パッチを6×30個並べたときのメタ・サーフェスの地板の大きさL=1.6λ0の場合,反射する円偏波の軸比が3dB以下となる比帯域幅は73.9%,2dB以下では68.1%得られた. 
(英) Meta-surface is the structure that metal patches are arranged on ground plane periodically in small space. It realizes a property that not to in natural world. The meta-surface is expected that it is available for propagation path improvement as reflector with any reflection angle. However, enough examination is not accomplished on the control of the polarization using the meta-surface. In this paper, a structure of new meta-surface with polarization conversion function which converts from linear polarization to circular polarization is proposed. It is clarified that a the relationship between the structure of the unit cell and the frequency bandwidth. In addition, the relationship between area of patches and the axial ratio (AR) of the reflected wave is shown. The meta-surface is designed in consideration of band properties. As a result, a 73.9% of relative frequency bandwidth of AR<3dB and 68.1% of AR<2dB was obtained when the distance between the patch &#8211; ground plane is h=0.11λ0, the patch size ratio is r=0.65, aspect ratio is py/px=5.0 and size of the ground plane of meta-surface is L=1.6λ0, and number of patches is 6×30.
キーワード (和) メタ・サーフェス / 偏波変換 / 円偏波 / / / / /  
(英) Meta-Surface / Polarization conversion / Circular polarization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 62, AP2014-39, pp. 103-106, 2014年5月.
資料番号 AP2014-39 
発行日 2014-05-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industory Support Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏波変換機能を有するパッチ型メタ・サーフェス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Patch Type Meta-surface with Polarization Conversion Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタ・サーフェス / Meta-Surface  
キーワード(2)(和/英) 偏波変換 / Polarization conversion  
キーワード(3)(和/英) 円偏波 / Circular polarization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 実咲 / Misaki Kamiya / カミヤ ミサキ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久世 竜司 / Ryuji Kuse / クセ リュウジ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 俊和 / Toshikazu Hori / ホリ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-30 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-39 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会