電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-30 14:35
金属板装荷キャパシタンスグリッドを用いたAMC基板の2周波共用の検討
岩片周平牧野 滋野口啓介廣田哲夫伊東健治小鷹柾樹金沢工大)・諸谷徹郎金沢高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 金属板装荷キャパシタンスグリッドを用いたAMC 基板について,2周波共用の条件,設計パラメータとPMC周波数の関係を明らかにする.また,設計したAMC 基板の解析と実測を行い,インピーダンス特性と放射特性から妥当性を検討する. 
(英) About AMC substrate using a metal plate loading capacitance grid, conditions of dual frequency, clar-ify the relationship between the PMC frequency and design parameters. In addition, In addition, I analyzed and measured the AMC substrate and to examine the validity of radiation characteristics and impedance characteristics.
キーワード (和) 金属板装荷キャパシタンスグリッド / AMC基板 / PMC特性 / 薄型アンテナ / FSR / / /  
(英) CG substrate(metal-plate loaded capacitance grid) / AMC substrate / PMC property / Thin antenna / FSR / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 62, AP2014-37, pp. 95-98, 2014年5月.
資料番号 AP2014-37 
発行日 2014-05-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industory Support Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 金属板装荷キャパシタンスグリッドを用いたAMC基板の2周波共用の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examined of Dual Band for the metal-plate loaded capacitance grid type AMC substrate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 金属板装荷キャパシタンスグリッド / CG substrate(metal-plate loaded capacitance grid)  
キーワード(2)(和/英) AMC基板 / AMC substrate  
キーワード(3)(和/英) PMC特性 / PMC property  
キーワード(4)(和/英) 薄型アンテナ / Thin antenna  
キーワード(5)(和/英) FSR / FSR  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩片 周平 / Shuhei Iwakata / イワカタ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 滋 / Shigeru Makino / マキノ シゲル
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 啓介 / Keisuke Noguchi / ノグチ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 哲夫 / Tetsuo Hirota / ヒロタ テツオ
第4著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 健治 / Kenji Itoh / イトウ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小鷹 柾樹 / Masaki Kotaka /
第6著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: Kanazawa Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 諸谷 徹郎 / Tetsuo Moroya / モロヤ テツオ
第7著者 所属(和/英) 金沢工業高等専門学校 (略称: 金沢高専)
Kanazawa Technical College (略称: KTC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-30 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-37 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.95-98 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会