電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 09:45
UWB通信用周波数帯小動物局所ばく露用実験アンテナ
舩倉洸太朗櫛山裕次郎宇野 亨有馬卓司東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) UWB通信用周波数帯である6-10 GHzを用いた通信方式が広く開発されつつある.これら機器の一部には人体のごく近傍で使用されるものもある.また,UWB通信のような広帯域信号を用いず,6GHz-10GHzの周波数を利用した通信システムも今後普及すると考えられる.一方,電磁波が人体に及ぼす健康影響について研究が進められており,これまで5GHz程度までは報告されている.これらの研究では,人体ごく近傍で通信を行った際の状況を小動物を用いて再現し,その影響を評価している.この際,人体と小動物では大きさが大きく異なるので,小動物において,人が通信機器を人体ごく近傍で使用している際の局所ばく露状態を,再現するために,特殊なアンテナが必要になる.本研究では,6-10 GHzの周波数帯において,小動物に局所ばく露可能なアンテナの開発を行う. 
(英) Mobile communication devices including smart phones are used in the vicinity of the human head, resulting in localized exposure to this part. To simulate exposure during cellular phone use, microwave energy absorption should be focused within the head region of laboratory animals. On the other hand, it is expected that the use of UWB communication systems to expand. In this paper, we propose a multiband antenna that has localized exposure of UWB (6GHz - 10GHz) microwave radiation to small rat. And we numerically estimate the specific absorption rate (SAR) in a rat exposed to microwave field radiation.
キーワード (和) SAR / UWB / アンテナ / 局所ばく露 / 小動物 / クラニアルウインドウ法 / /  
(英) SAR / UWB / antenna / local exposure / small animal / cranial window method / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 62, AP2014-19, pp. 1-4, 2014年5月.
資料番号 AP2014-19 
発行日 2014-05-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industory Support Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UWB通信用周波数帯小動物局所ばく露用実験アンテナ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Antenna for Local Exposore of Small Animals in UWB Frequency Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SAR / SAR  
キーワード(2)(和/英) UWB / UWB  
キーワード(3)(和/英) アンテナ / antenna  
キーワード(4)(和/英) 局所ばく露 / local exposure  
キーワード(5)(和/英) 小動物 / small animal  
キーワード(6)(和/英) クラニアルウインドウ法 / cranial window method  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩倉 洸太朗 / Kotaro Funakura / フナクラ コウタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫛山 裕次郎 / Yujiro Kushiyama / クシヤマ ユウジロウ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇野 亨 / Toru Uno / ウノ トオル
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 有馬 卓司 / Takuji Arima / アリマ タクシ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-19 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会