電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 13:15
一層基板で構成された広帯域マイクロストリップ線路・クアッドリッジ導波管変換器
山田康太榊原久二男菊間信良名工大)・荒川 孝坂本 徹武田政宗マスプロ電工
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 一層基板で構成された,広帯域なマイクロストリップ線路・クアッドリッジ導波管(MS-QRWG)変換器を開発した.クアッドリッジホーンアンテナ(QRHA)を用いてモジュールを構成する場合に,アンテナと高周波回路を接続するMS-QRWG変換器が必要となる.変換器として誘電体基板上にクアッドリッジ導波管の領域を設ける際に,導波管領域の電気的な大きさを考慮しないと不整合が生じてしまう.そこで本報告では,誘電体基板上の導波管領域に新構造を導入することで広帯域に整合した変換器を実現できることを,有限要素法による電磁界解析,及び実験により示している.また,提案のMS-QRWG変換器を用いたQRHAを試作し,従来の同軸線路・クアッドリッジ導波管変換器を用いたQRHAとの比較を行った.その結果,従来構造と比べて提案構造のQRHAでは,アンテナの各ポートにおける反射量が等しい周波数特性を有することを明らかにした. 
(英) A broadband microstrip-to-quad ridged waveguide transition on a single layer is developed. In order to connect RF circuits directly with a quad ridged horn antenna, we added novel geometrical features in the printed pattern on the substrate. The proposed transition operates over a quite broad frequency bandwidth by changing the geometry of the printed pattern and controlling cutoff frequencies of the fundamental mode and higher order ones. The bandwidth 24.4 GHz (8.0:1) is obtained where the reflection level is lower than -10 dB. Furthermore, we have fabricated the quad ridged horn antenna with the proposed transition. As a result, it is also confirmed in the experiment and simulation that frequency characteristics of the reflection are almost equal at each port compared with those of the conventional coaxial-to-quad ridged waveguide.
キーワード (和) クアッドリッジホーンアンテナ / リッジ導波管 / マイクロストリップ線路 / 変換器 / / / /  
(英) Quad-ridged horn antenna / Ridge waveguide / Microstrip / Transition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 62, AP2014-24, pp. 29-34, 2014年5月.
資料番号 AP2014-24 
発行日 2014-05-22 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industory Support Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一層基板で構成された広帯域マイクロストリップ線路・クアッドリッジ導波管変換器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Broadband Microstrip-to-Quad Ridged Waveguide Transition on a Single Layer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クアッドリッジホーンアンテナ / Quad-ridged horn antenna  
キーワード(2)(和/英) リッジ導波管 / Ridge waveguide  
キーワード(3)(和/英) マイクロストリップ線路 / Microstrip  
キーワード(4)(和/英) 変換器 / Transition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 康太 / Kota Yamada / ヤマダ コウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 孝 / Takashi Arakawa / アラカワ タカシ
第4著者 所属(和/英) マスプロ電工株式会社 (略称: マスプロ電工)
Maspro Denkoh Corporation (略称: Maspro Denkoh)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 徹 / Tohru Sakamoto / サカモト トオル
第5著者 所属(和/英) マスプロ電工株式会社 (略称: マスプロ電工)
Maspro Denkoh Corporation (略称: Maspro Denkoh)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 政宗 / Masamune Takeda / タケダ マサムネ
第6著者 所属(和/英) マスプロ電工株式会社 (略称: マスプロ電工)
Maspro Denkoh Corporation (略称: Maspro Denkoh)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-24 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会