電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 14:30
[ポスター講演]機械学習によるスマートフォンを用いた電気自動車の接近検知手法
高木 雅藤本浩介川原圭博浅見 徹東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)は静音性に優れる反面、歩行者がその接近に気づきにくく事故の原因となりやすい。そこで、我々はスマートフォンを用いてEVやHVの接近を検知し、ウェアラブルデバイスを通して、歩行者に接近を検知する手法を提案してきた。本稿では、EVやHVのモータユニットが発する高周波音を手がかりとし、環境雑音や車種の違いにロバストな機械学習によるアプローチを提案する。J48分類器を用いて接近判定を行った結果、評価実験ではEVを92%、HVを82%の精度で検出でき、車速も判別できた。 
(英) Hybrid vehicles (HVs) and electric vehicles (EVs) are hard to be noticed by pedestrians because of their quietness. We have been proposing the vehicle detection scheme using a smartphone and some wearable devices such as a Google Glass. In this paper, we propose a machine learning approach using a high frequency noise generated by a motor unit for a clue to guess the vehicle speed and vehicle type robustly. When we used J48 classifier for the recognition, the scheme can detect EVs and HVs with 92% and 82% accuracy. It can also distinguish the vehicle speed and vehicle types according to our evaluation.
キーワード (和) ハイブリッド車 / HV / 電気自動車 / EV / スマートフォン / センシング / 機械学習 /  
(英) Hybrid Vehicle / HV / Electric Vehicle / EV / Smartphone / Sensing / Machine Learning /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 65, ASN2014-20, pp. 67-68, 2014年5月.
資料番号 ASN2014-20 
発行日 2014-05-22 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール 
開催地(英) Convention Hall, RCAST, The University of Tokyo 
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング,
ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般
建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援
土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2014-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械学習によるスマートフォンを用いた電気自動車の接近検知手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Machine Learning Approach of Detecting Electric Vehicles Using a Smartphone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイブリッド車 / Hybrid Vehicle  
キーワード(2)(和/英) HV / HV  
キーワード(3)(和/英) 電気自動車 / Electric Vehicle  
キーワード(4)(和/英) EV / EV  
キーワード(5)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(6)(和/英) センシング / Sensing  
キーワード(7)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 雅 / Masaru Takagi / タカギ マサル
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 浩介 / Kosuke Fujimoto / フジモト コウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 圭博 / Yoshihiro Kawahara / カワハラ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅見 徹 / Tohru Asami / アサミ トオル
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 14:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2014-20 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.65 
ページ範囲 pp.67-68 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-ASN-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会