電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-12 16:30
トレース距離を量子鍵配送の失敗確率とする解釈における課題
岩越丈尚広田 修玉川大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 量子鍵配送は、盗聴者の存在下で情報理論的に安全な秘密鍵を共有する技術として注目されている。ところが安全性の指標とされるトレース距離の解釈が正しくないとの指摘が、2009年から何度かなされている。上記解釈は、実際に配送される量子状態と理想的な量子状態との間のトレース距離が、配送される鍵の量子状態が理想的にはならない確率になるというものである。しかしながら本解釈は、カップリング定理の誤用と考えられる。そこで本研究では、本確率がトレース距離で与えられるか物理乱数生成器を用いたシミュレーションで評価した。その結果、本解釈は成立しないことがわかった。そのため量子鍵配送の安全性を正しく評価するには、トレース距離と量子鍵配送の成功確率との関係を見直す必要がある。 
(英) Quantum Key Distribution (QKD) has been attracting attention as an important technique to share an information-theoretically secure key under the existence of an eavesdropper. However, a security claim has been made repeatedly since 2009 that trace distance, a security parameter in QKD, is not interpreted correctly. The interpretation states that trace distance between a distributed quantum state and an ideal quantum state gives a probability that the distributed state is not ideal. However, the interpretation may be based on misuse of coupling theorem. Therefore, this study simulated by a physical random number generator whether the probability can be given by the trace distance. The result showed that the interpretation was wrong. Thus, to evaluate the security of QKD, it is required to give a new interpretation of trace distance and the failure probability of QKD.
キーワード (和) 量子鍵配送 / 安全性証明 / トレース距離 / カップリング定理 / Failure probability / / /  
(英) Quantum Key Distribution / Security proof / Trace Distance / Coupling Theorem / Failure probability / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2014-05-12 - 2014-05-13 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2014-05-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トレース距離を量子鍵配送の失敗確率とする解釈における課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Problem with Interpretation of Trace Distance as Failure Probability in Quantum Key Distribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子鍵配送 / Quantum Key Distribution  
キーワード(2)(和/英) 安全性証明 / Security proof  
キーワード(3)(和/英) トレース距離 / Trace Distance  
キーワード(4)(和/英) カップリング定理 / Coupling Theorem  
キーワード(5)(和/英) Failure probability / Failure probability  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩越 丈尚 / Takehisa Iwakoshi / イワコシ タケヒサ
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagwa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 広田 修 / Osamu Hirota / ヒロタ オサム
第2著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagwa University (略称: Tamagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-12 16:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会