電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-08 14:20
高臨場感ヘッドホン再生のための制約条件・重み付き最小二乗法によるサラウンド信号合成
西村竜一NICT)・薗田光太郎長崎大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 映画の DVD や Blu-ray のパッケージメディアでは,サウンドトラックを含んでいるものが少なくない.今後,ネットワークの通信帯域が広がり,クラウドのインフラ整備も進むと,メディアをパッケージで購入したとしても,視聴するのはモバイル環境が専らという将来も現実味を帯びてくる.この場合,ヘッドホンで視聴することになるが,サラウンド音はスピーカ再生を前提として合成されており,それを単純にミックスダウンしてヘッドホンで聴取したのでは,本来の臨場感が大きく損なわれる.そこで,サラウンドスピーカで聴取した場合でも,ある程度の音質を確保しつつ,それをステレオ信号にダウンミキシングしてヘッドホンで聴取した際に,高臨場感な音環境が生成されるようなサラウンド信号の合成手法について検討した.バイノーラル信号からのサラウンド信号の生成は,チャネル数が増加するためアップミキシングとなり,劣決定系の問題となる.そこで,頭部伝達関数を用いて生成したバイノーラル信号を目的信号として拘束条件を与え,元々のサラウンド信号との差が聴感上少なくなるように,重み付け最小誤差規範を用いてサラウンドの各チャネル信号を再合成する手法を提案する. 
(英) Considering that people watch video clips often on mobile terminals, we propose a method for surround sound mixing. In this method, a binaural signal for headphone listening is first generated and then decomposed into a surround sound signal such that the simple mixing of the surround sound signal into stereo results in the desired binaural signal. In order to make it also available for loudspeaker listening, a constrained weighted least squares problem is solved, where the constraint is that the previously mentioned condition is satisfied and the weight is the inverse of the power of each surround sound signal for the given frequency and time frame. The error function is the difference between the original surround sound signal and that obtained by decomposing the binaural signal.
キーワード (和) 拘束条件・重み付き最小二乗 / サラウンド / ミキシング / バイノーラル受聴 / / / /  
(英) constraint weighted least squares / surround sound / sound mixing / binaural listening / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 480, EMM2013-118, pp. 111-116, 2014年3月.
資料番号 EMM2013-118 
発行日 2014-02-28 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) 
開催地(英) JAIST 
テーマ(和) ポスターセッション,画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英) Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2014-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高臨場感ヘッドホン再生のための制約条件・重み付き最小二乗法によるサラウンド信号合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Generating surround sound signals for headphone listening with high sense of reality by means of constrained weighted least squares 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 拘束条件・重み付き最小二乗 / constraint weighted least squares  
キーワード(2)(和/英) サラウンド / surround sound  
キーワード(3)(和/英) ミキシング / sound mixing  
キーワード(4)(和/英) バイノーラル受聴 / binaural listening  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 竜一 / Ryouichi Nishimura / ニシムラ リョウイチ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 薗田 光太郎 / Kotaro Sonoda /
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-08 14:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-118 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会