電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-08 13:50
カメラを利用した難視性パターンからの情報抽出方法の提案と評価
小田俊輔金田北洋岩村惠市東京理科大)・越前 功NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 私たちは, 紙メディア自体をコンテンツとした難視性パターンを考案し, それを利用した印刷文書に対する難視性パターンを用いた新しい情報付加手法を提案している.近年では携帯電話, スマートフォン, 電子書籍等の携帯情報端末の急速な普及に伴い, 紙文書を盗撮することで情報が漏洩する可能性も高くなっている.これを抑止するための一手法として, カメラを利用して紙に埋め込まれた難視性パターンから情報を抽出できるか否かの検討を行っている.現在までの実験で, 照度変化などによるノイズにより, 抽出時の閾値が安定しないという問題点を抱えていることが明らかになった.本論文では, 抽出における改善手法を提案し, その評価を行ったので報告を行う. 
(英) We have proposed a new information hiding method using an Artificial Fiber Pattern. Artificial Fiber pattern is integrating a digital watermark technique considering the paper media itself to be contents and the information hiding technique embedded in a background. In previous studies, we have proved basic attack tolerance, for example physical tolerance, rotation tolerance.
In this paper, we verify whether the information can be extracted from an Artificial Fiber Pattern embedded in the paper by using a digital camera instead of using a scanner.
キーワード (和) 難視性パターン / 盗撮 / カメラ / / / / /  
(英) Artificial Fiber Pattern / Peeping photos / Camera / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 480, EMM2013-117, pp. 105-110, 2014年3月.
資料番号 EMM2013-117 
発行日 2014-02-28 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) 
開催地(英) JAIST 
テーマ(和) ポスターセッション,画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英) Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2014-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カメラを利用した難視性パターンからの情報抽出方法の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Novel proposal and evaluation of information extraction from Artificial Fiber Pattern using a camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 難視性パターン / Artificial Fiber Pattern  
キーワード(2)(和/英) 盗撮 / Peeping photos  
キーワード(3)(和/英) カメラ / Camera  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 俊輔 / Shunsuke Oda / オダ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 北洋 / Kitahiro Kaneda / カネダ キタヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 惠市 / Keiichi Iwamura / イワムラ ケイイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 越前 功 / Isao Echizen / エチゼン イサオ
第4著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-08 13:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-117 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会