電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-08 11:30
電子指紋符号の平均化攻撃に対する簡略化追跡アルゴリズム
栗林 稔神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ロバストなスペクトル拡散型電子透かし方式を用いて電子指紋符号の符号語をコンテンツに埋め込む場合,最も効果的な攻撃は平均化攻撃と雑音付加であることが知られている.一方従来研究において,もし結託者数が分かれば情報理論的に最適な検出器を設計できることが示されている.しかし,加法性白色ガウス雑音が符号語に付加された場合には,その分散値を正しく推定する必要があった.本稿では,Nuida符号の離散型バイアス分布の特徴を利用して最適な検出器を簡略化する方法を示す.簡略化追跡アルゴリズムでは,結託者数や雑音の分散値を推定することなく,雑音の付加された不正符号語から直接相関値を計算することが
できる.計算機シミュレーションによりその性能が最適な検出器に極めて近いことを示す. 
(英) When a binary fingerprinting codeword is embedded into digital contents using a robust spread-spectrum(SS) watermarking scheme, the averaging strategy plus addition of noise is one of cost-effective attacks. In the previous study, an optimal detector can be designed from the
information theoretical point of view if the number of colluders and the attack strategy are known in advance. If the noise added to the pirated codeword is AWGN, the variance of the noise must be estimated in the optimal detector. In this paper, we simplify the optimal detector exploiting the characteristic of the discrete bias distribution of Nuida code. The proposed detector can calculate a
correlation score directly from the distorted codeword without the estimation of the number of colluders as well as the variance of noise. Our experimental results reveal that the performance is very
close to that of the optimal detector.
キーワード (和) 電子指紋符号 / 平均化攻撃 / 離散型バイアス分布 / / / / /  
(英) fingerprinting code / averaging attack / discete bias distribution / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 480, EMM2013-115, pp. 93-98, 2014年3月.
資料番号 EMM2013-115 
発行日 2014-02-28 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) 
開催地(英) JAIST 
テーマ(和) ポスターセッション,画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英) Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2014-03-EMM 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 電子指紋符号の平均化攻撃に対する簡略化追跡アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simplified Tracing Algorithm of Fingerprinting Code Against Averaging Attack 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子指紋符号 / fingerprinting code  
キーワード(2)(和/英) 平均化攻撃 / averaging attack  
キーワード(3)(和/英) 離散型バイアス分布 / discete bias distribution  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 稔 / Minoru Kuribayashi / クリバヤシ ミノル
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-08 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-115 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会