電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 14:50
「場」の効果のモデル化
諏訪博彦電通大)・山本仁志立正大)・庵原 悠岡村製作所
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は,参加者の問題解決やイノベーションのリソースを結びつけることを可能とする「場」のライフサイクルモデルを構築する.また,「場」への参加者に対する質問紙調査を用いて,「場」の効果を定量化する.人々が交流する「場」が,イノベーションや問題解決の機能として注目され,オフィス空間への導入が試みられている.では,その場に参加する参加者のニーズや動機はどのようなものであろうか.また,場の相互作用は,参加者にどのような満足を生み出すのであろうか.これに答えるために,我々は,「場」のライフサイクルをモデル化し,「場」へのフィードバックを生み出す環境やファシリテータが生み出す効果について分析を行っている.その結果,場の効果として,仕事や関係構築に関する満足が高いことを確認している.また,場のライフサイクルモデルより,自己の感情や問題を整理(自己整理)できたと満足することが次回イベントの参加意図や紹介意図を高めること,ファシリテータとの対話が自己整理と関係構築に関する満足を高めることを確認している. 
(英) We develop a life cycle model of "BA" which enables its participants to solve his/her problem and be tied to resources of innovation. Additionally, we quantify the effect of "BA" by using questionnaire survey for the participants. Our research questions are to clarify motivation and satisfaction to participate in "BA". We analyze a relationship between motivation and satisfaction of participants, and the effect of a facilitator on their communication. Our analysis shows the satisfaction at work and relationship are high. Additionally, we found two perceptions from the life-cycle model of "BA". First, the satisfaction at clarification of self-emotion and problem enhances continuous participation and invitation people to "BA". Second, the communication with facilitator enhances satisfaction at relationship and clarification of self-emotion and problem.
キーワード (和) / ライフサイクル / ファシリテータ / 相互作用 / オフィス空間 / / /  
(英) BA / life cycle / facilitation / interaction / office space / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 479, LOIS2013-63, pp. 53-58, 2014年3月.
資料番号 LOIS2013-63 
発行日 2014-02-28 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 石垣市健康福祉センター 
開催地(英)  
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2014-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 「場」の効果のモデル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Life Cycle Model of "BA" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / BA  
キーワード(2)(和/英) ライフサイクル / life cycle  
キーワード(3)(和/英) ファシリテータ / facilitation  
キーワード(4)(和/英) 相互作用 / interaction  
キーワード(5)(和/英) オフィス空間 / office space  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 諏訪 博彦 / Hirohiko Suwa / スワ ヒロヒコ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 仁志 / Hitoshi Yamamoto / ヤマモト ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 立正大学 (略称: 立正大)
Rissho University (略称: Rissho Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 庵原 悠 / Yuu Ihara /
第3著者 所属(和/英) 岡村製作所 (略称: 岡村製作所)
Okamura corp. (略称: Okamura)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2013-63 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.479 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会