電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 15:00
[ポスター講演]QRコードと互換性を持つ改ざん検出可能な二次元コード
石原敬之新見道治野田秀樹九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 携帯電話やスマートフォンのカメラを利用してディジタル情報をコンピュー
タやデバイス内部に簡単に取り込むことができるので,QRコー
ドは日本はもとよりアジアや欧米でも普及し続けている.
しかしながら正規のコードの上に不正なQRコードを貼り、ユーザーを悪意のあ
るWebサイトへと誘う事例が増えているという報告がある.本稿では
QRコードと互換性を持つ改ざん検出可能な二次元コードについて述べる.
互換性とは,通常のQRコードリーダに対しては,通常の読み取り処理が可能であることを意味する.
公開鍵暗号を基にしたディジタル署名を利用してQRコードの改ざん検出を行う.
デジタル署名では,メッセージのハッシュ値を秘密鍵で暗号化し,メッセージと
ともに相手に送る.メッセージを受け取った者は,公開鍵でハッシュ値を復号
化し,受け取ったメッセージのハッシュ値を実際に計算し,その二つを比較す
ることで改ざん検出を行う.暗号化したハッシュ値をWet Paper符号を利用して
QRコードに情報重畳させる.
本稿では,
特に,提案手法において重要となるQRコードのセル読み取り特性の検証,および提案システムの実装状況について報告
する. 
(英) The matrix barcodes known as Quick Response
(QR) codes, which are enable us to import printed digital information
into smartphone or cell phone through its digital camera easily, are rapidly becoming widespread
not only Japan but also Asia, Europe and America.
However, an attacker is easily able to lead malcious websites by putting
a unautheticated QR code on a authenticated QR code.
We propose a compatible 2d-code having tamper detection system with
QR-code.
In digital signature system, a hash value of a message is calculated firstly, and
then the hash value is encrypted by a secret key which is a pair of public
key cryptography system. Then, a sender sends the message and the encrypted hash
value to a receiver. In the receiver side, the hash value of a sent message
is calculated and the hash value with encrypted is decrypted using a public
key which is a pair of public key cryptography system. The receiver can
detect modification of the message by comparing the two hash values.
The crypted hash value is embedded by using Wet Paper code within cells
of QR-codes.
In this paper, we report the robustness of reading cells of QR code which plays an
important role in our code and the state of the progress for
the implementation of the proposed system.
キーワード (和) QRコード / ディジタル署名 / Wet Paper符号 / 改ざん検出 / / / /  
(英) QR code / Digital signature / Wet Paper code / Tamper detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 480, EMM2013-106, pp. 39-44, 2014年3月.
資料番号 EMM2013-106 
発行日 2014-02-28 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) 
開催地(英) JAIST 
テーマ(和) ポスターセッション,画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英) Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2014-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QRコードと互換性を持つ改ざん検出可能な二次元コード 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Compatible 2d-code having tamper detection system with QR-code 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QRコード / QR code  
キーワード(2)(和/英) ディジタル署名 / Digital signature  
キーワード(3)(和/英) Wet Paper符号 / Wet Paper code  
キーワード(4)(和/英) 改ざん検出 / Tamper detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 敬之 / Takayuki Ishihara / イシハラ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新見 道治 / Michiharu Niimi / ニイミ ミチハル
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 秀樹 / Hideki Noda / ノダ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 15:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-106 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会