電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 15:00
[ポスター講演]センシティブデータの漏洩検知による適応的な公開範囲設定システムのプロトタイプ実装
町田史門総研大)・梶山朋子青学大)・嶋田 茂産技大)・越前 功NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 不用意なSNSへの投稿により,個人に関する情報を含む投稿メッセージが予期しないユーザにまで漏洩し,失職や退学など社会的制裁を受けるユーザも出るなど,何気ない投稿が予期しないトラブルへと発展する可能性がある.我々は,このような不用意なSNS投稿によるセンシティブデータの漏洩を自動検知するために,非公開とすべき情報の内容分類と開示レベルを対応付けた,SNSにおけるプライバシー侵害情報分類表を定義した.本稿では,本分類表をベースにFacebookを対象としたSNS投稿記事におけるセンシティブデータの漏洩有無の検知と,その投稿記事の内容による適応的な公開範囲を自動提案するシステムのプロトタイプ実装を行った. 
(英) By posting a message to Social Networking Service(SNS) unintentionally, the message, including personal information, is revealed to other users of SNS. As a result, an SNS user loses his/her job and unintentional posts can result to unforeseen problems. For detecting sensitive data leaks, we defined a classification table of sensitive data for SNS associated with disclosure levels and the classification is according to contents of information that should be kept private. In this paper, we developed a prototype system for adaptive disclosure controls system (ADC) by detecting sensitive data leaks based on the classification table and Facebook.
キーワード (和) プライバシー侵害 / 公開範囲 / SNS / Facebook / / / /  
(英) Invasion of Privacy / Access Control / SNS / Facebook / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 480, EMM2013-108, pp. 51-56, 2014年3月.
資料番号 EMM2013-108 
発行日 2014-02-28 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) 
開催地(英) JAIST 
テーマ(和) ポスターセッション,画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英) Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2014-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センシティブデータの漏洩検知による適応的な公開範囲設定システムのプロトタイプ実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype Implementation of Adaptive Disclosure Controls by Detecting Sensitive Data Leaks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プライバシー侵害 / Invasion of Privacy  
キーワード(2)(和/英) 公開範囲 / Access Control  
キーワード(3)(和/英) SNS / SNS  
キーワード(4)(和/英) Facebook / Facebook  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 町田 史門 / Shimon Machida / マチダ シモン
第1著者 所属(和/英) 総合研究大学院大学 (略称: 総研大)
The Graduate University for Advanced Studies (略称: SOKENDAI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶山 朋子 / Tomoko Kajiyama / カジヤマ トモコ
第2著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋田 茂 / Shigeru Shimada / シマダ シゲル
第3著者 所属(和/英) 産業技術大学院大学 (略称: 産技大)
Advanced Institute of Industrial Technology (略称: AIIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 越前 功 / Isao Echizen / エチゼン イサオ
第4著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 15:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-108 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会