電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-03-07 15:00
[ポスター講演]プライバシー保護と犯罪防止を両立する監視カメラシステム
小林健人岩村恵市東京理科大)・越前 功NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年, 個人情報の取り扱いやプライバシーについて取り上げられる場面が増加している.監視カメラで撮影された映像においてプライバシー(顔情報情報)の取り扱いに規定は設けておらず, 被撮影者側にもそのコントロール権はない.しかし, 監視カメラは一般に犯罪防止のため用いられることが多く, また犯罪捜査に貢献しているため, 被撮影者が犯罪者などであった場合に顔情報情報の公開・非公開が被撮影者側の意志によりのみ決定されることは好ましくない場合も存在する.よって, プライバシー保護とその有効な利用(犯罪捜査などの必要がある場合の利用)を両立させる技術及びシステムを提案する. 
(英) Recently, cases to be taken up for privacy and personal information has increased, but there is no rule for privacy on surveillance footage and the person to be photographed can’t control information of their face.(32) However surveillance footage is often used in crime prevention and, it have contributed to the criminal investigation. So it isn’t unfavorable that the person can control their face information. Therefore we suppose the surveillance system that achieves both protection of privacy and effective utilization of the footage.
キーワード (和) 監視カメラ / 可逆モザイク / / / / / /  
(英) surveillance system / reversible mosaic / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 480, EMM2013-103, pp. 21-26, 2014年3月.
資料番号 EMM2013-103 
発行日 2014-02-28 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2014-03-07 - 2014-03-08 
開催地(和) 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) 
開催地(英) JAIST 
テーマ(和) ポスターセッション,画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
テーマ(英) Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2014-03-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プライバシー保護と犯罪防止を両立する監視カメラシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Surveillance camera system to achieve both crime prevention and privacy protection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 監視カメラ / surveillance system  
キーワード(2)(和/英) 可逆モザイク / reversible mosaic  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健人 / Kento Kobayashi / コバヤシ ケント
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 恵市 / Keiichi Iwamura / イワムラ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 越前 功 / Isao Echizen / エチゼン イサオ
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National institute of informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-03-07 15:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2013-103 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2014-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会