電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-13 16:10
[ポスター講演]コンテクストに基づくChannel特徴を用いた歩行者検出
高柳陽平榎並直子有木康雄神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,歩行者と背景とのコンテクストモデルに基づく識別器学習による歩行者検出手法を提案する.
既存の歩行者検出手法では,複数特徴量から識別器学習を行うことで精度向上を実現するが,検出コストが増加するという問題がある.
本稿では,歩行者と背景とのコンテクストモデルを顕著性マップにより構築し,カスケード型Adaboostによる識別器構築時の重み推定に用いる.これにより,背景や歩行者の姿勢に依存しない弱識別器候補の歩行者尤度を推定可能とする.
INRIA Pedestrian Datasetを用いた実験により,従来法と比較して検出速度を低下させることなく,検出率を向上できることを示す. 
(英) In this paper, we propose the method of pedestrian detection based on context model between pedestrians and background.
Existing methods use some features for learning, but these method increase detection costs.
In this paper, we construct context model between pedestrians and background by saliency map and it is used for estimating weights of classifiers by cascade Adaboost.
By this context model, we can estimate probability of pedestrian which is candidate of weak classifiers.
The effectiveness is evaluated with INRIA Pedestrian dataset.
キーワード (和) 歩行者検出 / コンテクストモデル / 顕著性マップ / Channel特徴量 / / / /  
(英) Pedestrian Detection / Context Model / Saliency Map / Aggregated Channel Features / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 431, PRMU2013-144, pp. 103-104, 2014年2月.
資料番号 PRMU2013-144 
発行日 2014-02-06 (PRMU, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU CNR  
開催期間 2014-02-13 - 2014-02-14 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英)  
テーマ(和) パターン認識・メディア理解の基礎と境界領域,環境・エネルギーの課題,ポスターセッション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-02-PRMU-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテクストに基づくChannel特徴を用いた歩行者検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pedestrian Detection by Channel Features based on Context 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者検出 / Pedestrian Detection  
キーワード(2)(和/英) コンテクストモデル / Context Model  
キーワード(3)(和/英) 顕著性マップ / Saliency Map  
キーワード(4)(和/英) Channel特徴量 / Aggregated Channel Features  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高柳 陽平 / Yohei Takayanagi / タカヤナギ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎並 直子 / Naoko Enami / エナミ ナオコ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 有木 康雄 / Yasuo Ariki / アリキ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-13 16:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2013-144,IEICE-CNR2013-52 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.431(PRMU), no.432(CNR) 
ページ範囲 pp.103-104 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-PRMU-2014-02-06,IEICE-CNR-2014-02-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会