電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-29 11:00
[招待講演]集積回路の信頼性 ~ ソフトエラーとは ~
小林和淑京都工繊大エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2013-134
抄録 (和) 本講演では,LSIの微細化とともに悪化している信頼性のうち,特にソフトエラー
と呼ばれる一時故障に焦点を当ててその概要を紹介する.ソフトエラーは主に
パッケージからのα線,宇宙からの中性子線によるメモリやFFの一時的な反転
である.α線はエネルギーは弱いものの,LSI表面より入射すると直接,電子正
孔対を発生させる.一方,中性子は,LSI表面より入射して,シリコン原子と核
反応を起こすことにより,電子正孔対を発生させる.α線の加速試験には,
Am241などの線源を用いることができ,研究室で手軽にソフトエラー測定を行う
ことが出来る.一方,地上でのエネルギースペクトラムのまま加速する白色中
性子線は,加速器でプロトンを加速しタングステンのターゲットに当てて発生
させるため,加速器までDUTや測定器を運んで実験をしなければならない.

自動車,サーバー,医療機器などの信頼性の必要なLSIではすでに冗長化などの
対策が行われている.ここでは,ソフトエラーとは何かというチュートリアル
からはじめ,その対策法,我々の研究グループで行なっている研究内容とその
結果について講演を行う. 
(英) 本講演では,LSIの微細化とともに悪化している信頼性のうち,特にソフトエラー
と呼ばれる一時故障に焦点を当ててその概要を紹介する.ソフトエラーは主に
パッケージからのα線,宇宙からの中性子線によるメモリやFFの一時的な反転
である.α線はエネルギーは弱いものの,LSI表面より入射すると直接,電子正
孔対を発生させる.一方,中性子は,LSI表面より入射して,シリコン原子と核
反応を起こすことにより,電子正孔対を発生させる.α線の加速試験には,
Am241などの線源を用いることができ,研究室で手軽にソフトエラー測定を行う
ことが出来る.一方,地上でのエネルギースペクトラムのまま加速する白色中
性子線は,加速器でプロトンを加速しタングステンのターゲットに当てて発生
させるため,加速器までDUTや測定器を運んで実験をしなければならない.

自動車,サーバー,医療機器などの信頼性の必要なLSIではすでに冗長化などの
対策が行われている.ここでは,ソフトエラーとは何かというチュートリアル
からはじめ,その対策法,我々の研究グループで行なっている研究内容とその
結果について講演を行う.
キーワード (和) 信頼性 / ソフトエラー / / / / / /  
(英) Reliability / soft Error / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 419, ICD2013-134, pp. 81-81, 2014年1月.
資料番号 ICD2013-134 
発行日 2014-01-21 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034)

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2014-01-28 - 2014-01-29 
開催地(和) 京都大学時計台記念館 
開催地(英) Kyoto Univ. Tokeidai Kinenkan 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2014-01-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 集積回路の信頼性 
サブタイトル(和) ソフトエラーとは 
タイトル(英) Reliability on Integrated Circuits 
サブタイトル(英) Details of Soft Errors 
キーワード(1)(和/英) 信頼性 / Reliability  
キーワード(2)(和/英) ソフトエラー / soft Error  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 和淑 / Kazutoshi Kobayashi / コバヤシ カズトシ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-29 11:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2013-134 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.419 
ページ範囲 p.81 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ICD-2014-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会