電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 09:10
顕著特徴領域を利用したBoVWベース類似画像検索の改善方式の検討
鄒 子君古賀久志電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 類似画像検索でよく使われているBag of Visual Words(BoVW)では全ての特徴点を均等に取り扱うため,画像内における主オブジェクトの重要性を無視している.そこで,本研究では主オブジェクトの類似性に着目したBoVWベースの類似検索手法を提案する.提案手法では,画像の前景位置は顕著特徴領域で近似できると想定し,顕著特徴領域の類似性を調べる.具体的には顕著特徴マップを二値化して前景と背景に分割し,前景領域から前景特徴ヒストグラムを形成する.そして2枚の画像間の類似度は前景ヒストグラムの類似度と画像全体から得たヒストグラムの類似度を合計して求める.この方法により,2枚の画像の前景の類似性を強調できるので類似画像検索の精度向上が期待できる.Caltech101画像データベースを用いた実験により,提案手法が従来のBoVWよりも再現率を改善できることを確認した. 
(英) The Bag of Visual Words(BoVW) model is prevailing in the area of image retrieval. However, because the BoVW model treats all feature points equally, the importance of the foreground which represents the semantics of an image well is ignored. This paper proposes a new BoVW-based similar image retrieval method paying attention to the similarity of the foreground. Our method assumes that the foreground location in an image can be approximated by its salient region and examines the similarity between the salient regions of two images. Specifically, we divide the given image into the foreground and the background by binarizing its saliency map and extract the foreground feature histogram from the foreground region. Finally, the similarity between a pair of images is calculated by summing up the similarity of the foreground feature histograms and that of the global feature histograms derived from the entire images. Our method is expected to improve the retrieval accuracy, since the foreground similarity is emphasized. The experiment on the Caltech-101 image database shows that the recall is surely improved by our method as compared with the conventional BoVW method.
キーワード (和) 類似画像検索 / SIFT / BoVW / 顕著特徴マップ / / / /  
(英) Similar image retrieval / SIFT / Bag of Visual Words / Saliency Map / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 402, PRMU2013-110, pp. 183-188, 2014年1月.
資料番号 PRMU2013-110 
発行日 2014-01-16 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟 
開催地(英)  
テーマ(和) 人体・動作の認識と理解,福祉と共生,国際会議報告 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顕著特徴領域を利用したBoVWベース類似画像検索の改善方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A BoVW-based similar image Retrieval Supported by Salient Region 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 類似画像検索 / Similar image retrieval  
キーワード(2)(和/英) SIFT / SIFT  
キーワード(3)(和/英) BoVW / Bag of Visual Words  
キーワード(4)(和/英) 顕著特徴マップ / Saliency Map  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄒 子君 / Zijun Zou / スウ シクン
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 久志 / Hisashi Koga / コガ シサシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 09:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2013-110,IEICE-MVE2013-51 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.402(PRMU), no.403(MVE) 
ページ範囲 pp.183-188 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-01-16,IEICE-MVE-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会