電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 11:20
混雑市街地スモールセル環境における2GHz帯チャネル特性の実験的検討
齋藤健太郎今井哲朗トラン ゴクハオ奥村幸彦NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMO伝送を活用したLong Term Evolution (LTE)の普及に伴いセルラー網のキャパシティは増大している.しかし一方でスマートフォン等の普及に伴いセルラー網が収容するべきトラフィックはそれ以上の勢いで急激に増加しつつある.近年では市街地駅周辺等の特にユーザが多い混雑エリアにおけるトラフィックを効率良く収容するために,スモールセルを用いた小セルアーキテクチャの適用が検討されている.スモールセル基地局は低出力・小型の基地局であり,電柱や看板等の市街地低層への設置が想定されている.しかしこのような近距離・低基地局高環境における既存MIMOチャネルモデルの適用性に関しては十分に明らかにされていない.特に市街地混雑地域には非常に多くの歩行者が存在しているが,これらの歩行者がMIMOチャネル特性に与える影響に関しては明らかにされていない.本稿では,日中時間帯及び深夜時間帯に市街地駅周辺において2GHz帯チャネルサウンディングを実施し,混雑市街地におけるチャネルモデル Large Scale Parameterを推定した.測定結果とITU-R M.2135チャネルモデルとの比較を行い,測定結果ではDelay SpreadがITU-Rモデルよりも小さく,AoDazm SpreadがITU-Rモデルよりも大きくなる傾向がある事を示した.日中時間帯では周辺歩行者による伝搬路遮蔽のため深夜帯より受信電力が4dB程度低下する事を示した.また伝搬遅延の大きい素波群が人体遮蔽の影響をより強く受ける事によりDelay Spreadが減少する事,またMS側では周辺歩行者の頭上を回折して到来する伝搬路が増える事によりAoAelv Spreadが増加する事を示した. 
(英) Owing to the wide spread of Long Term Evolution (LTE), the capacity of cellular system has increased. However the user traffic volume in the cellular network has been growing more rapidly due to the spreads of smart phones and tablet computers. Recently, in the crowded area such as urban railway station vicinities the capacity enhancement technique using the small-cells architecture is examined. Small cell BSs are compact and low-power, and will be placed on the roadside devices such as advertising displays and vending machines. However the applicability of current MIMO channel models in those short-distance and low-BS-height environments is not figured out. Especially, although there are a great number of pedestrians in urban areas, the influences of pedestrians to the MIMO channel models are not figured out. In this paper, to investigate those issues, we carried out the channel sounding in the crowded urban railway station vicinity in the 2GHz band. And to figure out the influence of pedestrians to channel properties, we measured the channel both in the daytime and in the midnight. As the result of comparing the measured data and ITU-R M.2135 channel model, we showed that the delay spread and the AoDazm spread differed from the values of ITU-R model. As the result of comparing the data in the daytime and the data in the midnight, we showed that the received power of daytime was about 4dB lower than the received power of midnight due to the path-blocking by the pedestrians. Delay spread also decreased in the daytime. In addition, we showed that in the daytime , the AoAelv spread increased since the proportion of rays that propagated over the pedestrians increased.
キーワード (和) スモールセル / 市街地環境 / 人体遮蔽 / 2GHz帯 / MIMOチャネルモデル / / /  
(英) Small Cell / Urban Micro / Human-body Shadowing / 2GHz band / MIMO Channel Model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-163, pp. 169-174, 2014年1月.
資料番号 AP2013-163 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 混雑市街地スモールセル環境における2GHz帯チャネル特性の実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Study on Channel Properties in the 2GHz Band in Crowded Urban Small-Cell Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スモールセル / Small Cell  
キーワード(2)(和/英) 市街地環境 / Urban Micro  
キーワード(3)(和/英) 人体遮蔽 / Human-body Shadowing  
キーワード(4)(和/英) 2GHz帯 / 2GHz band  
キーワード(5)(和/英) MIMOチャネルモデル / MIMO Channel Model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 哲朗 / Tetsuro Imai / イマイ テツロウ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) トラン ゴクハオ / Ngochao Tran / トラン ゴクハオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-163 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会