電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 09:30
Ku帯衛星回線の降雨減衰特性に対する雨域通過速度と地上の風速の影響について
前川泰之稲森佑崇原田貴史柴垣佳明阪電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)、京都大学生存圏研究所(京都府宇治市)、および京都大学信楽MU観測所(滋賀県甲賀市)において連続的に測定されたKu帯BS電波受信レベルの3地点同時観測データを用いて、降雨事象毎に降雨減衰を引き起こす雨域の移動速度と方向の推定を行い、この結果を2008~2011年の間の降雨時の同時間帯に近隣の4か所のアメダスによって測定された地上の風速・風向との比較を行った。両者の間には少なからぬ関連性が認められ、風向に関してはやや地上風の風向が反時計回りに回転する傾向があるものの0.6程度の相関を示し、サイトダイバーシティにおいて切り替えを行う2局間の方向を決める上で、アメダスの地上風向データは大いに役立つ可能性のあることが分かった。MUレーダー観測所に設置されたL帯境界層レーダで高度0.5~5kmの風速・風向を同時に調べたところ、2km以下では急速に風速が減少して地上のアメダス風速に近づく傾向が示されるとともに、雨域移動速度と方向はMUレーダー観測と同様に2~3km上空の風速と関係が深いことが示された。 
(英) Speeds and directions of the motion of rain areas that cause the attenuation of Ku-band satellite communications links are estimated from the broadcast satellite (BS) signal levels simultaneously obtained at Osaka Electro-Communication University (OECU; Neyagawa, Osaka), the Research Institute for Sustainable Humanosphere (RISH; Uji, Kyoto) and the Shigaraki MU radar observatory (Koga, Shiga) of Kyoto University. The speeds and directions of rain area motion are compared with the ground wind velocities observed by nearby AMeDAS stations at 4 locations from 2008 to 2011. As a result, a considerable relationship is found between them, and the ground wind directions show correlation coefficients of around 0.6 with the directions of the rain area motion although the directions tend to be rotated slightly anti-clockwise on the ground. Thus, the AMeDAS data seems to be important to determine the direction of satellite stations when the site diversity techniques are conducted. The L-band boundary layer radar simultaneously observed the wind velocities at the heights of 0.5-5 km, and indicated that the wind speeds rapidly decrease below 2km and approach those observed by the AMeDAS. Also, the rain area motions are shown to be similar to wind velocities at 2-3 km height, as well as the MU radar observations.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨減衰 / Ku帯 / 雨域通過速度 / 風速 / アメダス / /  
(英) Satellite Communications / Rain attenuation / Ku band / Rain area motion / Wind velocity / AMeDAS / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-159, pp. 147-150, 2014年1月.
資料番号 AP2013-159 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ku帯衛星回線の降雨減衰特性に対する雨域通過速度と地上の風速の影響について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on the effects of rain area motion and ground wind velocity on rain attenuation characteristics in Ku-band satellite communications links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite Communications  
キーワード(2)(和/英) 降雨減衰 / Rain attenuation  
キーワード(3)(和/英) Ku帯 / Ku band  
キーワード(4)(和/英) 雨域通過速度 / Rain area motion  
キーワード(5)(和/英) 風速 / Wind velocity  
キーワード(6)(和/英) アメダス / AMeDAS  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 泰之 / Yasuyuki Maekawa / マエカワ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲森 佑崇 / Yutaka Inamori / イナモリ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 貴史 / Takashi Harada / ハラダ タカシ
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴垣 佳明 / Yoshiaki Shibagaki / シバガキ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Comm. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-159 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.147-150 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会