電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 09:40
加速度センサを用いた「緩み」体現時間の抽出
船山(郡) 未来松田浩一岩手県立大)・清家久美子海賀孝明わらび座
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地域伝統舞踊において,魅せる舞踊を踊るために最も重要な感覚の1つに「緩み」がある.「緩み」は他者間での相互理解が難しいため,筆者らは「緩み」を定量的に測定・分析・提示することでこの問題を解決することを試みている.本稿では,「緩み」とは腰部が鉛直投げ上げ運動をしている状態であると仮定し,加速度センサを腰部に1つ装着することで仮定を検証した.その結果,「緩み」を体現できている全てのときにおいて,舞踊者は鉛直投げ上げ運動に近い腰部動作を行っていることが分かり,加速度センサにより確実に検出できることが分かった.これにより,「緩み」の定量化が可能であることが分かり,感覚的に感じている情報の質的なレベルにおける相互理解に寄与できる可能性を示した. 
(英) In this paper, we develop a method for estimating the "Yurumi", which is difficult to communicate to others. In local traditional dance, "Yurumi" is one of the most important senses to make natural movement. We assumed "Yurumi" is a vertical throwing up motion of loins. By putting on an accelerometer at the dancer's loins, we will be able to know whether the dancer's loins are thrown up. From the results of experiments, we found that all dancer having "Yurumi" have throwing up loins motion in all time that need "Yurumi". In other words, it is suggests that "Yurumi" can be defined as throwing up loins motion.
キーワード (和) 腰部 / 緩み / 舞踊 / 加速度 / / / /  
(英) loins / "Yurumi" / local traditional dance / an accelerometer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 402, PRMU2013-107, pp. 165-170, 2014年1月.
資料番号 PRMU2013-107 
発行日 2014-01-16 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟 
開催地(英)  
テーマ(和) 人体・動作の認識と理解,福祉と共生,国際会議報告 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 加速度センサを用いた「緩み」体現時間の抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Estimation Method for "Yurumi" skill for Local Traditional Dance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 腰部 / loins  
キーワード(2)(和/英) 緩み / "Yurumi"  
キーワード(3)(和/英) 舞踊 / local traditional dance  
キーワード(4)(和/英) 加速度 / an accelerometer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 船山(郡) 未来 / Miki Funayama(Kori) / フナヤマ(コオリ) ミキ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 浩一 / Koichi Matsuda / マツダ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清家 久美子 / Kumiko Seike / セイケ クミコ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 わらび座 (略称: わらび座)
Warabi-za (略称: Warabi-za)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 海賀 孝明 / Takaaki Kaiga / カイガ タカアキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 わらび座 (略称: わらび座)
Warabi-za (略称: Warabi-za)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 09:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2013-107,IEICE-MVE2013-48 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.402(PRMU), no.403(MVE) 
ページ範囲 pp.165-170 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-01-16,IEICE-MVE-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会