電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 09:55
北極圏におけるMF帯放送波の電離層伝搬特性の検討
松谷龍一新 浩一西 正博吉田彰顕広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 太陽活動が電離層における電波伝搬特性に影響を与えることが知られており,その影響を詳細に理解することは重要である.本研究では電離層反射により長距離伝搬するMF帯放送波に着目し,電離層が太陽活動の影響を受けやすい北極圏のスウェーデン・キルナにて観測し,伝搬特性の評価を行った.その結果,放送波の受信レベルが日照時間に加えて太陽フレアなどの影響による電離層擾乱で大きく変動することを確認した.また,電離層反射点緯度の違いにより,MF帯放送波の受信レベル変動に差異が生じることも観測した. 
(英) Since the solar activities affect the ionospheric radio wave propagation characteristics, it is important to understand the impact of solar activities. In this study, we focused on the MF band broadcasting waves having a feature of long-range propagation by ionospheric reflection. And we observed the MF band waves at Kiruna, Sweden, located in the Arctic area. As a result, received levels of broadcasting waves were affected by the ionospheric disturbances due to effects of solar activities, such as flare, in addition to ordinary daylights. Further it was observed that there were fluctuation shifts in the received levels due to the difference of the ionospheric reflection point in the latitude.
キーワード (和) 電離層伝搬 / MF帯電波 / 北極圏 / フレア / AE指数 / TEC / /  
(英) ionospheric propagation / MF band waves / Arctic area / flare / AE index / TEC / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-160, pp. 151-156, 2014年1月.
資料番号 AP2013-160 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 北極圏におけるMF帯放送波の電離層伝搬特性の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Ionospheric Propagation Characteristics of MF Band Waves Observed in the Arctic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電離層伝搬 / ionospheric propagation  
キーワード(2)(和/英) MF帯電波 / MF band waves  
キーワード(3)(和/英) 北極圏 / Arctic area  
キーワード(4)(和/英) フレア / flare  
キーワード(5)(和/英) AE指数 / AE index  
キーワード(6)(和/英) TEC / TEC  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 龍一 / Ryouichi Matsutani / マツタニ リョウイチ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新 浩一 / Koichi Shin / シン コウイチ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 正博 / Masahiro Nishi / ニシ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 彰顕 / Teruaki Yoshida / ヨシダ テルアキ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-160 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会