電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 10:40
画像認識のためのマハラノビス符号化法の提案
武井 渉細堀勝也加藤 毅群馬大)・大町真一郎東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 画像識別問題はコンピュータビジョン分野において中心的な課題の一つとして,多くの研究がなされてきた.
これまでに確立してきた方法はBag-of-Words 特徴によるものであり,今日ではほとんどの研究がBag-of-Words 特徴
をもとにした方法になっている.これまでの研究はすべてユークリッド計量をもとにBag-of-Words 特徴を作るもので
あったが,本研究ではマハラノビス計量を導入したマハラノビス符号化を提案する.2つのデータセットにおいてベン
チマーク実験を行ったところ,ユークリッド計量と比べて良好な結果を得た. 
(英) In computer vision, image crassification has been one of the central
tasks and studied by many researchers.
To deal with it, various vector quantization methods
based Bag-of-Words with the Euclidean distande have been applied.
Our proposed method uses Mahalanobis distance in coding step
instead of Euclidean distance.
Experiments demonstrate that our Mahalanobis coding achieves better
performance than
existing coding method in the two datasets.
キーワード (和) 一般物体認識 / Bag-of-Words特徴 / マハラノビス符号化 / Fisher Vector / / / /  
(英) generic object recognition / Bag-of-Words / Mahalanobis coding / Fisher Vector / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 402, PRMU2013-113, pp. 201-206, 2014年1月.
資料番号 PRMU2013-113 
発行日 2014-01-16 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟 
開催地(英)  
テーマ(和) 人体・動作の認識と理解,福祉と共生,国際会議報告 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像認識のためのマハラノビス符号化法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 一般物体認識 / generic object recognition  
キーワード(2)(和/英) Bag-of-Words特徴 / Bag-of-Words  
キーワード(3)(和/英) マハラノビス符号化 / Mahalanobis coding  
キーワード(4)(和/英) Fisher Vector / Fisher Vector  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武井 渉 / Wataru Takei / タケイ ワタル
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 細堀 勝也 / Katsuya Hosobori / ホソボリ カツヤ
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 毅 / Tsuyoshi Kato / カトウ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大町 真一郎 / Shinichiro Omachi / オオマチ シンイチロウ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 10:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2013-113,IEICE-MVE2013-54 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.402(PRMU), no.403(MVE) 
ページ範囲 pp.201-206 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-01-16,IEICE-MVE-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会