電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 11:45
DOA推定のための到来波電力情報を用いたスパース信号処理
高橋善樹鈴木信弘若山俊夫網嶋 武原 六蔵三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スパース信号処理(Compressed Sensing,圧縮センシング)を用いた電波到来方向推定は,相関波への対
処を可能としながらビームフォーマ法以上の角度分解能が得られることから,様々な用途への応用が期待されてい
る.しかし,スパース信号処理の角度推定性能は,解のスパース性を調節するパラメータに強く依存し,演算負荷
が高いパラメータ設定法しかなかった.
本稿では,このパラメータに対する理論的な考察を行い,到来波電力の大きさによって逐次的にパラメータを更
新する低演算量の設定法を提案する.提案法を計算機シミュレーションで評価した結果,8 素子等間隔リニアアレ
ーで離隔8(deg.)の到来波を安定して分離できることを確認した. 
(英) A sparse signal processing (Compressed/Compressive Sensing) for Direction of Arrival (DOA) estimation is
expected to be used for various application, because this method is able to separate correlated waves and able to realize higher
angular resolution than a conventional beamformer method. However a performance of angular estimation with a sparse signal
processing depends on a parameter which controls a sparsity of solution, and there is only a determination method which is
high computational cost.
In this report, we propose the method which is computationally efficient to determine this parameter sequentially using
information of incident signal power. Furthermore we evaluate a performance of DOA estimation by a sparse signal processing
which proposed method has been applied. The result of this evaluation shows that we can stably estimate two incident signals
with 8 degree separation on 8-elements array.
キーワード (和) 到来方向推定 / スパース信号処理 / 圧縮センシング / アレーアンテナ / 信号対雑音比 / / /  
(英) DOA Estimation / Sparse Signal Processing / Compressed Sensing / Array Antenna / Signal to Noise Ratio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-152, pp. 105-110, 2014年1月.
資料番号 AP2013-152 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DOA推定のための到来波電力情報を用いたスパース信号処理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Sparse Signal Processing Using Information of Incident Signal Power for DOA Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 到来方向推定 / DOA Estimation  
キーワード(2)(和/英) スパース信号処理 / Sparse Signal Processing  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / Compressed Sensing  
キーワード(4)(和/英) アレーアンテナ / Array Antenna  
キーワード(5)(和/英) 信号対雑音比 / Signal to Noise Ratio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 善樹 / Yoshiki Takahashi / タカハシ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 信弘 / Nobuhiro Suzuki / スズキ ノブヒロ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 俊夫 / Toshio Wakayama / ワカヤマ トシオ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 網嶋 武 / Takeshi Amishima / アミシマ タケシ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 六蔵 / Rokuzo Hara / ハラ ロクゾウ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-152 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会