電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 16:30
動詞の身体性による視覚シンボルのアニメーション化を用いたブログ記述手法の提案
塩尻実里中谷友香梨米澤朋子関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,文章を視覚シンボルとアニメーションを用いて再表現することで,ストーリー性のある視覚的表現手法を利用したコミュニケーションを提案する.本稿では,文章の動詞における身体性に着目したアニメーションを用いた表現手法を提案し,ウェブログの文章に適用した.さらに,本手法を適用した表現や併記表現をすることにより,元の文章と比較して想像をより広げることができたかに関し,予備検討を行った. 
(英) In this research, we propose a communication method of animating visual symbols, such as pictograms, based on story-telling procedures. The animation flow is adopted for the expression of weblogs. We focused on physical movements of verbs. The verbs are expressed in each visual symbol with each bodily part. To make the expression comprehensive, the animation movement focusing on the bodily part related to the verb is expected to engage a common understanding of various people. We held a preliminary experiment to verify whether the user's imagination was expanded by our animation method of visual symbols compared to the original sentence.
キーワード (和) 視覚シンボル / アニメーション / 身体性 / / / / /  
(英) visual symbols / animation / bodily parts / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 403, MVE2013-46, pp. 141-146, 2014年1月.
資料番号 MVE2013-46 
発行日 2014-01-16 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟 
開催地(英)  
テーマ(和) 人体・動作の認識と理解,福祉と共生,国際会議報告 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2014-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動詞の身体性による視覚シンボルのアニメーション化を用いたブログ記述手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Physical Positioning Animation of Visual Symbols in Weblog Descriptions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚シンボル / visual symbols  
キーワード(2)(和/英) アニメーション / animation  
キーワード(3)(和/英) 身体性 / bodily parts  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩尻 実里 / Misato Shiojiri / シオジリ ミサト
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 友香梨 / Yukari Nakatani / ナカタニ ユカリ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米澤 朋子 / Tomoko Yonezawa / ヨネザワ トモコ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2013-105,IEICE-MVE2013-46 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.402(PRMU), no.403(MVE) 
ページ範囲 pp.141-146 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-01-16,IEICE-MVE-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会