電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 11:00
複数パラメトリックスピーカを用いた一対多コミュニケーション手法の提案
石野 力伊納洋祐中谷友香梨吉田直人米澤朋子関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では比較的広い空間のなかでパラメトリックスピーカを活用した一対多のコミュニケーション手法を提案する.パラメトリックスピーカを用い,方向を調整することで限定した方向に対してのみ音を出力する.スピーカもモータ駆動するため,より音を飛ばしたい方向を明確にすることが可能である.それらの特性を生かし,多人数のうち特定の対象とのみコミュニケーションをとることを狙いとし,予備的検討を行った. 
(英) In this research, we propose one-to-many communication method using parametric speakers in a large space such as lecture rooms. In parallel with a normal communication from a speaker, she/he can make extra vocal messages to particular audiences at the same time without interrupting her/his talk. The parametric speaker is applicable for aiming a particular direction to make a sound, so we adopt the speaker to make a participant in crowd to listen to the sound that is not so loud for other participants. To select the directions of the parametric speakers, AVR controllers are used for servo controls.
キーワード (和) パラメトリックスピーカ / 一対多コミュニケーション / 空間音響 / 屋内音響デザイン / / / /  
(英) Parametric speaker / One-to-many communication / Spatial acoustics / Interior acoustic design / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 403, MVE2013-39, pp. 53-58, 2014年1月.
資料番号 MVE2013-39 
発行日 2014-01-16 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟 
開催地(英)  
テーマ(和) 人体・動作の認識と理解,福祉と共生,国際会議報告 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2014-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数パラメトリックスピーカを用いた一対多コミュニケーション手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiple Auditory Communication using Parametric Speakers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パラメトリックスピーカ / Parametric speaker  
キーワード(2)(和/英) 一対多コミュニケーション / One-to-many communication  
キーワード(3)(和/英) 空間音響 / Spatial acoustics  
キーワード(4)(和/英) 屋内音響デザイン / Interior acoustic design  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石野 力 / Riki Ishino / イシノ リキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊納 洋祐 / Yosuke Ino / イノウ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 友香梨 / Yukari Nakatani / ナカタニ ユカリ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直人 / Naoto Yoshida / ヨシダ ナオト
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 米澤 朋子 / Tomoko Yonezawa / ヨネザワ トモコ
第5著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2013-98,IEICE-MVE2013-39 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.402(PRMU), no.403(MVE) 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-01-16,IEICE-MVE-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会