電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 10:55
時分割に素子アンテナを切換える超分解能測角法の検討
森田晋一若山俊夫平田和史岡村 敦三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 未知の電波の到来方向を測角する装置では,測定周波数帯域,分離可能信号数,分解能,さらに設置条件などに応じて多数の素子アンテナを用意する必要がある.従来の1素子アンテナに対し1台の受信機を対応させる構成だと,素子数と同時に受信機台数が増加しコストが増大するという問題があった.本報告では,素子数を減らさずに受信機台数のみを削減するために,観測に用いる素子アンテナをRFスイッチで時分割に切換え,同時刻には2台の受信機に接続して得た共分散行列に超分解能法を適用することで,複数到来波を混信分離測角する方式を提案する.計算機シミュレーションと電波実験による性能評価で本手法の有効性を確認した. 
(英) Direction-of-Arrival (DOA) estimation system for unknown incoming waves usually use one receiver for each element of the receiving array antenna. For that reason, the number of the receiver (namely device cost) increase simultaneously when the number of the element antenna increase to improve estimation performance. To overcome this problem, we propose DOA estimation technique utilizing Time-Division element antenna switching to reduce only the number of the receiver without decreasing the number of the element antenna, i.e. maintaining estimation performance. This technique requires the RF-switch device to select element antennas used for each observation and connect them with the same numbers of receivers, generally two pieces in each observation. Based on covariance matrix composited from each observation, DOA estimation for plural unknown incoming waves is accomplished with super-resolution algorithm. The effectiveness of this technique was confirmed by computational simulation and experimental evaluation.
キーワード (和) 到来方向推定 / 超分解能法 / 時分割切換 / 低コスト化 / / / /  
(英) DOA Estimation / Super Resolution Algorithm / Time Division / Switching / Low Cost / Down Sizing / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-150, pp. 93-98, 2014年1月.
資料番号 AP2013-150 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時分割に素子アンテナを切換える超分解能測角法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) DOA Estimation Technique Utilizing Time-Division Antenna Element Switching 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 到来方向推定 / DOA Estimation  
キーワード(2)(和/英) 超分解能法 / Super Resolution Algorithm  
キーワード(3)(和/英) 時分割切換 / Time Division  
キーワード(4)(和/英) 低コスト化 / Switching  
キーワード(5)(和/英) / Low Cost  
キーワード(6)(和/英) / Down Sizing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 晋一 / Shinichi Morita / モリタ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 俊夫 / Toshio Wakayama / ワカヤマ トシオ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 和史 / Kazufumi Hirata / ヒラタ カズフミ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-150 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会