電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 17:30
画像情報とテキスト情報の重み付き統合による概念間距離尺度の改善
増広のぞみ中村和晃馬場口 登阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 画像の検索やクラスタリング,自動アノテーションといった技術の高度化を目的として,概念間の意味的な距離(本稿ではこれを``概念間距離''と呼ぶ)をタグ付き画像の集合から算出する手法が種々検討されている.従来の概念間距離算出手法は,タグの共起性を利用するものと画像特徴を利用するものに大別される.しかし,前者には,1枚の画像に内包される2概念が必ずしもタグとして共起するとは限らないという問題,後者には,抽象的な概念において,概念の意味内容が必ずしも画像特徴とうまく対応しないという問題がある.そこで本稿では,タグ共起に基づく手法と,画像特徴に基づく手法が互いに補完されるように両者を統合することを試みる.特に,抽象度の低い概念に対しては画像特徴を重視し,抽象度の高い概念に対してはタグ共起を重視するような重み付けを行うことで概念間距離尺度の改善を目指す.実験により,タグ共起,画像特徴に基づく手法をそれぞれ単独で用いた場合よりも,提案手法の方がより良好な結果が得られることを確認した. 
(英) In recent years, methods for calculating semantic distance between various concepts from a set of tagged images have been actively studied due to their applicability to image retrieval, clustering, annotation, and so on.
Most of the existing distance calculation methods can be divided into two categories: the methods based on tag co-occurrence and those based on visual features extracted from the images. The former has a drawback that two similar concepts do not necessarily co-occur as text tags even if they are concurrently presented in an image. On the other hand, the latter has a drawback that visual features do not correspond directly to semantic meaning of concepts due to the semantic gap, especially in the case with abstract concepts. To overcome these drawbacks, in this paper, we propose to combine the above two types of methods by adaptively weighting each of them according to the level of abstraction for each concept. In our experiments, our proposed method outperformed the methods using only either tag co-occurrence or visual features.
キーワード (和) 概念間距離 / 画像特徴 / タグ共起 / 抽象度 / 重み付け / / /  
(英) distance between concepts / visual features / tag co-occurrence / level of abstraction / weighted sum / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 402, PRMU2013-103, pp. 131-136, 2014年1月.
資料番号 PRMU2013-103 
発行日 2014-01-16 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2014-01-23 - 2014-01-24 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟 
開催地(英)  
テーマ(和) 人体・動作の認識と理解,福祉と共生,国際会議報告 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2014-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像情報とテキスト情報の重み付き統合による概念間距離尺度の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement og a Distance between Concepts using a Weighted Combination of Image Instances with Their Text Tags 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 概念間距離 / distance between concepts  
キーワード(2)(和/英) 画像特徴 / visual features  
キーワード(3)(和/英) タグ共起 / tag co-occurrence  
キーワード(4)(和/英) 抽象度 / level of abstraction  
キーワード(5)(和/英) 重み付け / weighted sum  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増広 のぞみ / Nozomi Masuhiro / マスヒロ ノゾミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 和晃 / Kazuaki Nakamura / ナカムラ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場口 登 / Noboru Babaguchi / ババグチ ノボル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 17:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2013-103,IEICE-MVE2013-44 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.402(PRMU), no.403(MVE) 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-01-16,IEICE-MVE-2014-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会