電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 13:30
移動人体による屋内伝搬パス遮蔽環境における4×2 MIMO伝送特性の実験的検討
麥生田 整多賀登喜雄関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMO伝送方式においては,アンテナ間の相関が小さいことがMIMOのチャンネル容量の増大に有効である.本稿では,静止した端末の周囲を人が動く屋内伝搬環境における4×2 MIMOチャンネルの伝送特性について,基地局アンテナ間距離を大きくしてアンテナ間相関を低減した場合の平均容量増大効果を実験的に検討したので,その結果について述べる.また,同条件下でのアップリンク,ダウンリンクの容量差の検討や,4×2 MIMOと3×2MIMO,2×2 MIMOとの性能差についての検討結果も示す. 
(英) In MIMO transmission scheme, low correlation between the antennas is effective to increase the channel capacity of MIMO. This paper reports the measurement results of capacity increase effect in 4×2 MIMO channels when the correlation between the antennas in the base station is reduced by increasing antenna spacing in indoor radio propagation environment where people move around the terminal stationary. Also the results of difference performance difference in Uplink and Downlink and the performance comparison of 2 × 2 and 3 × 2 MIMO are shown.
キーワード (和) 平均容量 / MIMOアンテナ / 空間MIMO / 空間相関 / / / /  
(英) MIMO Transmission Capacity / Space MIMO / Spatial Correlation / MIMO Antenna / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-153, pp. 111-115, 2014年1月.
資料番号 AP2013-153 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動人体による屋内伝搬パス遮蔽環境における4×2 MIMO伝送特性の実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Study on Performance Evaluation of 4x2 MIMO channel for Indoor Environment with Propagation Path Shadowing by Moving People 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 平均容量 / MIMO Transmission Capacity  
キーワード(2)(和/英) MIMOアンテナ / Space MIMO  
キーワード(3)(和/英) 空間MIMO / Spatial Correlation  
キーワード(4)(和/英) 空間相関 / MIMO Antenna  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 麥生田 整 / Sei Mugiuda / ムギウダ セイ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多賀 登喜雄 / Tokio Taga / タガ トキオ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-153 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.111-115 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会