電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-23 14:30
車車間通信環境における車両密度を考慮した見通し内伝搬損失推定モデル
宗平卓也多賀登喜雄関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 信頼性の高い車車間通信システムの開発には,遮蔽車両による電力減衰を考慮できる伝搬モデルを適用したシステム設計が必要である.著者が提案した,市街地道路において電波伝搬パスを車両が遮蔽する回数を推定するパス遮蔽数推定モデルをレイトレーシング計算に適用することにより,遮蔽車両の影響を考慮した伝搬損失の推定が可能となる.しかし,実際の開発現場ではより簡便な数式モデルの利用が望まれる.そこで本稿では,パス遮蔽数推定モデルを適用した伝搬損失計算手法について述べ,道路上に存在する車両の密度と遮蔽1回あたりの減衰量等を推定パラメータの一つとする伝搬損失推定式を,重回帰分析によって導出する. 
(英) For developing the reliable system using the inter-vehicle communications, system should be designed with a propagation model considering a power loss due to obstructing vehicles. By applying a model for estimating the number of path obstructions developed by authors which estimates a number of vehicles obstructing the radio propagation paths in a city street to ray-tracing calculation, we can estimate a path loss with effect of obstructing vehicles. But in an actual development field, more tractable mathematical model is desired. In this paper we show the path loss calculation method applied a model for estimating the number of path obstructions, and develop the propagation model having traffic density and power loss per an obstruction as one of parameters by multiple regression analysis.
キーワード (和) ITS / 車車間通信 / 電波伝搬 / 伝搬損失 / 遮蔽車両 / 車両密度 / 電力減衰 /  
(英) ITS / V2V Communication / Radio Propagation / Path Loss / Obstructing Vehicles / Traffic Density / Power Loss /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-155, pp. 123-128, 2014年1月.
資料番号 AP2013-155 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車車間通信環境における車両密度を考慮した見通し内伝搬損失推定モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prediction of Line-of-Sight Propagation Loss Considering Traffic Density in Inter-Vehicle Communication Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / V2V Communication  
キーワード(3)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(4)(和/英) 伝搬損失 / Path Loss  
キーワード(5)(和/英) 遮蔽車両 / Obstructing Vehicles  
キーワード(6)(和/英) 車両密度 / Traffic Density  
キーワード(7)(和/英) 電力減衰 / Power Loss  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗平 卓也 / Takuya Munehira / ムネヒラ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多賀 登喜雄 / Tokio Taga / タガ トキオ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-23 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-155 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会