電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-22 11:00
レイトレース法を用いた市街地低アンテナ高におけるMIMO空間相関およびチャネル容量
片倉大和朝岡翔平中林寛暁千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) レイトレース法を用い,走行に伴う短区間でのMIMO空間相関とチャネル容量について検討する.検討する伝搬環境はビルの密集する市街地とし,送受信アンテナ高は周囲の建物(40~50 m)よりも低い環境(基地局高10 m,移動局高1.5 m)とする.レイトレースによって求めた波の振幅,放射角,到来角,遅延時間を用いて,短区間(50波長)内を移動しながら変動するチャネル行列を計算し,短区間における空間相関係数と平均固有値,平均チャネル容量を求める.検討の結果,相関係数はアンテナ配置や送受信距離に依存し,アンテナ配置と送受信距離は固有値とチャネル容量にも影響を与えることを明らかにした. 
(英) MIMO spatial correlations and capacities in short range with a moving are studied using a ray trace method. The studied environment is an urban area concentrated buildings, and heights of a transmitted and a received antenna (base site 10 m and mobile site 1.5 m) is lower than those of the buildings (40-50 m). A channel matrix is calculated using amplitudes, radiated angles, arrived angles, and delay times from the ray trace, and we get the spatial correlation coefficients, the average eigenvalues, and the average capacities. As a result, it’s cleared that the correlation coefficients depend on orientation of the antenna array and distance between the transmitted and the received point, and that the orientation and the distance also affect the eigenvalues and the capacities.
キーワード (和) MIMO / レイトレース法 / 低アンテナ高 / 空間相関 / チャネル容量 / / /  
(英) MIMO / ray trace method / low antenna height / spatial correlation / channel capacity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-136, pp. 13-18, 2014年1月.
資料番号 AP2013-136 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レイトレース法を用いた市街地低アンテナ高におけるMIMO空間相関およびチャネル容量 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MIMO Spatial Crrelation and Capacity using Ray Trace Method for Low Antenna Height in Urban Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) レイトレース法 / ray trace method  
キーワード(3)(和/英) 低アンテナ高 / low antenna height  
キーワード(4)(和/英) 空間相関 / spatial correlation  
キーワード(5)(和/英) チャネル容量 / channel capacity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片倉 大和 / Yamato Katakura / カタクラ ヤマト
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝岡 翔平 / Shouhei Asaoka / アサオカ ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中林 寛暁 / Hiroaki Nakabayashi / ナカバヤシ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-22 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-136 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会