電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-22 10:25
移動時のMIMOチャネルマトリックス要素間の相関係数累積分布 ~ 理論とシミュレーションによる分布の比較 ~
金見代勇輝(前)千葉工大)・朝岡翔平・○中林寛暁千葉工大)・小園 茂(前)千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動時のMatrix要素間の相関係数特性について,アンサンブル平均による理論値とシミュレーションによる移動平均で求めた値を,累積分布で表し検討した.同じ伝搬条件下の両分布はアンテナ構成の素子間隔による階段状のほぼ同じ累積分布となり,ある範囲に分布した.多重波の中心角及び広がり角が小さくなると相関の大きい方へシフトする.また,見通し内の累積50%値はほぼアンテナ素子間が大きい時の理論値(k/(k+1))となる.セル内をランダム方向に移動する時の移動モデルを提案した.理論値は多重波の中心角を,シミュレーションでは移動モデルのエリア内到来波中心角をランダムに設定することでランダム方向移動を模擬した.その両累積分布は,0~1の広範囲に分布した. 
(英) As a property of MIMO channel, a cumulative distribution of correlation coefficient between MIMO channel matrix elements was discussed. The derivation of correlation equation is on the basis of an average of ensemble, and it is easy to extract a useful parameter from the property. On the other hand, the correlation by measurement data is generally calculated by average of running distance. So we made the cumulative distributions with both average of ensemble and running distance and discussed their property, and then we showed the cumulative distribution in movement with random direction in cell.
キーワード (和) MIMOチャネル特性 / 相関係数 / 多重波伝搬路 / 移動モデル / 累積分布 / / /  
(英) MIMO channel property / correlation coefficient / multipath propagation / movement model / cumulative distribution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 384, AP2013-135, pp. 7-12, 2014年1月.
資料番号 AP2013-135 
発行日 2014-01-15 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-01-22 - 2014-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島県文化センター) 
開催地(英) Hozan Hall (Kagoshima Prefectural Culture Center) 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動時のMIMOチャネルマトリックス要素間の相関係数累積分布 
サブタイトル(和) 理論とシミュレーションによる分布の比較 
タイトル(英) Cumulative Distribution of Correlation between MIMO Channel Matrix Elements with Movement 
サブタイトル(英) Comparison of Distribution with Theoretical and Simulation Values 
キーワード(1)(和/英) MIMOチャネル特性 / MIMO channel property  
キーワード(2)(和/英) 相関係数 / correlation coefficient  
キーワード(3)(和/英) 多重波伝搬路 / multipath propagation  
キーワード(4)(和/英) 移動モデル / movement model  
キーワード(5)(和/英) 累積分布 / cumulative distribution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金見代 勇輝 / Yuuki Kanemiyo / カネミヨ ユウキ
第1著者 所属(和/英) (前)千葉工業大学 (略称: (前)千葉工大)
(Former) Chiba Institute of Technology (略称: (Former) Chiba Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝岡 翔平 / Shouhei Asaoka / アサオカ ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中林 寛暁 / Hiroaki Nakabayashi / ナカバヤシ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小園 茂 / Shigeru Kozono /
第4著者 所属(和/英) (前)千葉工業大学 (略称: (前)千葉工大)
(Former) Chiba Institute of Technology (略称: (Former) Chiba Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-22 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-135 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会