電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-19 14:10
話し言葉における言語情報の個人性変換における変換辞書拡張
水上雅博Graham NeubigSakriani Sakti戸田智基中村 哲奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ユーザや状況に合わせて,対話システムが柔軟に個人性を変換することは円滑なコミュニケーションを行うために不可欠である.我々は,話し言葉を対象として,言語モデルと翻訳辞書を用いて文章の個人性の変換を行う手法について提案し,その有効性を示してきた.しかしながら,今まで提案してきた手法では,変換はいかなる文脈においても文章の意味を変化させない変換の対象となる語彙を限定していた.また,対訳コーパスを収集することが困難なため,翻訳辞書には翻訳モデル確率を与えられずにいた.そこで本稿では,シソーラスやN-gramを用いた翻訳辞書の自動構築と,N-gram類似度を用いた翻訳モデル確率の付与を提案する.また,言語情報の個人性変換に対する評価法として,人手による主観評価と,容易に利用可能な自動評価を検討する.実験的評価結果から,助詞および助動詞を対象とした翻訳辞書の拡張と,N-gram類似度による翻訳モデル確率付与により個人性変換の精度が向上することを示す. 
(英) In text and speech, there are various features that reflect the individuality of the writer or speaker.
Reflecting these features in dialogue systems can be expected to help achieve rapport between the system and the user.
We suggested method for transforming individuality by using a translation dictionary and language model.
However, in this method, the vocabulary of the translation dictionary was limited because we limited the target vocabulary to words that can be transformed in any context without changing the meaning of the sentence.
In this paper, we propose improvements to the translation dictionary.
Specifically, we propose a method for automatic construction for a translation dictionary by using a thesaurus and N-gram statistics, and estimation of translation model probabilities using the N-gram similarity.
Experimental evaluations demonstrate that the proposed method yields significant improvements in the quality of translation individuality.
キーワード (和) 個人性変換 / 個人性モデリング / 同言語間翻訳 / 言い換え / / / /  
(英) Transforming Individuality / Individuality Model / Same Language Translation / Paraphrasing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 220, SP2013-70, pp. 33-38, 2013年9月.
資料番号 SP2013-70 
発行日 2013-09-11 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP JSAI-SLUD  
開催期間 2013-09-18 - 2013-09-19 
開催地(和) 千葉大学 
開催地(英) Chiba Univ. 
テーマ(和) 音声・言語・対話,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2013-09-SP-SLUD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 話し言葉における言語情報の個人性変換における変換辞書拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvements to Translation Dictionary in a Method for Transforming Individuality of Spoken Language 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個人性変換 / Transforming Individuality  
キーワード(2)(和/英) 個人性モデリング / Individuality Model  
キーワード(3)(和/英) 同言語間翻訳 / Same Language Translation  
キーワード(4)(和/英) 言い換え / Paraphrasing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水上 雅博 / Masahiro Mizukami / ミズカミ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Graham Neubig / Graham Neubig / グラム ニュービッグ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Sakriani Sakti / Sakriani Sakti / サクリアニ サクティ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 智基 / Tomoki Toda / トダ トモキ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-19 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2013-70 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.220 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2013-09-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会