電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-12 16:15
[依頼講演]ACL 2013 参加報告 〜 会議概要と応用技術 〜
岡崎直観東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,言語と物理世界を結び付けて意味解析や言語生成を行おうとする研究が注目を浴びつつある.タスク設定が若干異なるが,グラウンドされた言語獲得(grounded language learning/acquisition),物体・シーン認識(object and scene recognition),画像検索(image retrieval),ヒューマン・ロボット・インタラクション(human robot interaction)などは,言語以外のメディアの情報・環境と言語処理を統合した「マルチモーダルな意味理解」の研究として捉えることができる.本報告では,画像や動画などのマルチモーダルな情報を用いた意味理解,シーン理解,シンボル・グランディングに関して,ACL-2013 で発表された論文を紹介する. 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) ACL 2013 / グラウンドされた言語獲得 / シンボルグラウンディング / / / / /  
(英) ACL 2013 / grounded language learning / symbol grounding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 213, NLC2013-21, pp. 35-35, 2013年9月.
資料番号 NLC2013-21 
発行日 2013-09-05 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2013-09-12 - 2013-09-13 
開催地(和) 青少年総合センター 
開催地(英) National Olympics Memorial Youth Center 
テーマ(和) 第3回テキストマイニング・シンポジウム 
テーマ(英) The Third Symposium on Text Mining 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2013-09-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ACL 2013 参加報告 
サブタイトル(和) 会議概要と応用技術 
タイトル(英) ACL 2013 Report 
サブタイトル(英) Summary and Applications 
キーワード(1)(和/英) ACL 2013 / ACL 2013  
キーワード(2)(和/英) グラウンドされた言語獲得 / grounded language learning  
キーワード(3)(和/英) シンボルグラウンディング / symbol grounding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 直観 / Naoaki Okazaki / オカザキ ナオアキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-12 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2013-21 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.213 
ページ範囲 p.35 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NLC-2013-09-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会