電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-09-02 15:15
映像閲覧行動の時空間ずれ構造モデルを用いた注視点予測
米谷 竜川嶋宏彰松山隆司京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人間が一般の映像を閲覧する状況では,映像中において人間の視覚的注意を引きつける顕著領域と,実際の注視点との間に時空間的なずれが生まれる.このずれは,顕著領域の変動(顕著性変動)に対する反応遅れや動き予測に起因するものであり,変動の種類によってその程度が異なる.本研究では,顕著領域・注視点間のずれが持つ構造と顕著性変動の関係性に基づいて,映像から注視点を予測する手法を提案する.提案手法は,注視点に対して時空間ずれをともなって観測される顕著性変動パターンを,単純な変動パターンの組み合わせによって表現する.これにより,「注視点の近傍でどのような顕著性変動パターンがどのような時空間ずれとともに観測されやすいか」をデータドリブンに学習することによる注視点予測が実現できる. 
(英) When we are watching videos, there exist spatiotemporal gaps between salient regions that attract visual attention and actual points of gaze. These gaps result from reaction delays or anticipation in eye movements toward dynamic changes of the salient regions (saliency dynamics). In this paper, we exploit the underlying structures of the gaps for gaze point prediction from videos. The proposed method involves the relationships between the gaps and the saliency dynamics by introducing localized primitive patterns of salient regions for the description of saliency dynamics. It enables us to learn ``what types of saliency dynamics can be observed around the points of gaze'' in a data-driven fashion for the gaze point prediction.
キーワード (和) 顕著性変動 / 視線運動 / 非負値行列因子分解 / / / / /  
(英) saliency dynamics / eye movements / non-negative matrix factorization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 196, PRMU2013-41, pp. 57-62, 2013年9月.
資料番号 PRMU2013-41 
発行日 2013-08-26 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2013-09-02 - 2013-09-03 
開催地(和) 鳥取大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 機械学習と視覚情報処理の接点,及び,社会テーマ:ハイリスク作業支援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像閲覧行動の時空間ずれ構造モデルを用いた注視点予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gaze Point Prediction with Gap Structure Models 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顕著性変動 / saliency dynamics  
キーワード(2)(和/英) 視線運動 / eye movements  
キーワード(3)(和/英) 非負値行列因子分解 / non-negative matrix factorization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米谷 竜 / Ryo Yonetani / ヨネタニ リョウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川嶋 宏彰 / Hiroaki Kawashima / カワシマ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松山 隆司 / Takashi Matsuyama / マツヤマ タカシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-09-02 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2013-41,IEICE-IBISML2013-21 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.196(PRMU), no.197(IBISML) 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2013-08-26,IEICE-IBISML-2013-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会