電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-20 15:25
Topological Characteristic of Japan Photonic Network Model
Shin'ichi ArakawaOsaka Univ.)・Toshikazu SakanoYukio TsukishimaNTT)・Hiroshi HasegawaNagoya Univ.)・Takehiro TsuritaniKDDI)・Yusuke HirotaOsaka Univ.)・Hideki TodeOsaka Prefecture Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光通信技術を用いたフォトニックネットワークの研究分野では、これまで様々なネットワーク設計手法やネットワーク制御手法が検討されてきた。ところが、検討された手法を評価する際には、研究者らが独自のトポロジーを用いる、もしくは、国外のトポロジーを用いる状況にある。そこで我々は、研究者間で共通的に利用できる、日本を対象としたフォトニックネットワークモデルを提案している。本稿では、輸送系ネットワークを参考に構成されたフォトニックネットワークモデルのトポロジー特性を分析する。まず、複雑ネットワーク分野のトポロジー分析手法を適用することによって、米国/欧州のネットワークモデルとの違いを明らかにする。評価の結果、米国や欧州のネットワークモデルと比較して、日本を対象としたフォトニックネットワークモデルは平均ホップ長が大きく、クラスタ係数が小さい特徴を持つことがわかった。次に、都市人口にもとづく通信需要分布を与え、ノードを流れる通信量の分布を調査した。その結果、愛知県や大阪府に設置されたノードの通信量が大きくなることがわかった。一方、関東地域に設置されたノード群は他の地域と比較して密に連結されており、東京都に設置されたノードでは通信量が抑制されることがわかった。 
(英) Many approaches, such as network design methods and network control methods, are investigated to overcome difficulties appears in the Internet. One important thing to evaluate these methods is to use proper network topologies since the performance of network design/control methods strongly depends on Internet topology and capacity of links. We have developed a new model, called JPN model, of photonic network topology in Japan. JPN model is developed based on the publicly available information of nationwide transportation network. In this paper, we investigated topological characteristics of JPN model. We first compare topologies by applying the complex network analysis, and revealed that topologies of JPN model exhibit fundamentally different characteristics of topologies in USA / Europe: 1) average hop-counts distance is larger, 2) clustering coefficient is lower. After that, we investigate the details of JPN model with the information centrality and flow centrality of nodes. Our results show that nodes around Tokyo are (relatively) densely connected each other, so the information centrality and flow centrality is not high. However, these centralities take high values at nodes at “Aichi” and “Osaka”.
キーワード (和) フォトニックネットワーク / トポロジー / 複雑ネットワーク / 複雑ネットワーク解析 / / / /  
(英) Photonic Network / Topology / Complex Network / Complex Network Analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 91, PN2013-2, pp. 7-12, 2013年6月.
資料番号 PN2013-2 
発行日 2013-06-13 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS PN NS  
開催期間 2013-06-20 - 2013-06-21 
開催地(和) 日本大学工学部(郡山) 
開催地(英) College of Engineering, Nihon University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2013-06-OCS-PN-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Topological Characteristic of Japan Photonic Network Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フォトニックネットワーク / Photonic Network  
キーワード(2)(和/英) トポロジー / Topology  
キーワード(3)(和/英) 複雑ネットワーク / Complex Network  
キーワード(4)(和/英) 複雑ネットワーク解析 / Complex Network Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 伸一 / Shin'ichi Arakawa / アラカワ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 寿和 / Toshikazu Sakano / サカノ トシカズ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 築島 幸男 / Yukio Tsukishima / ツキシマ ユキオ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 浩 / Hiroshi Hasegawa / ハセガワ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani / ツリタニ タケヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 悠介 / Yusuke Hirota / ヒロタ ユウスケ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode /
第7著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-20 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2013-2 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.91 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2013-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会