電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-24 10:50
帯域制限を持つガウス通信路に対するHolevo容量
焦 勇相馬正宜広田 修玉川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 帯域制限がないGauss 通信路に対するHolevo容量の計算は容易であるが,現実の通信では帯域制限がある場合を考慮する必要がある.その場合,Holevo容量の一般公式に含まれる積分の計算が困難となり,数値計算によって積分値を求めなければならない.本論文ではその数値計算の手法を確立し数値特性について明らかにする. 
(英) It is easy to calculate of the Holevo capacity of quantum Gaussian channel without limited bandwidth.However ,for a real communication it is necessary to calculate the Holevo capacity with limited bandwidth.In this case the calculation of the integral included in the formula of the Holevo capacity becomes difficult.The integral should be calculated by numerical calculation.In this paper we establish the technique of numerical calculation and clarify the numerical value properties.
キーワード (和) 帯域制限 / Holevo容量 / Shannon通信容量 / / / / /  
(英) limited bandwidth / Holevo capacity / Shannon capacity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 58, IT2013-3, pp. 9-12, 2013年5月.
資料番号 IT2013-3 
発行日 2013-05-17 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2013-05-24 - 2013-05-24 
開催地(和) 福井・あわら温泉 まつや千千 
開催地(英) Hotel Matuya Sensen at Awara-onsen, Fukui Pref. 
テーマ(和) 記録素子用符号化,一般(フラッシュメモリ符号化に関するワークショップ(5/23~5/24)と併催) 
テーマ(英) coding for recording systems, general (jointly held with Workshop on Coding for Flash Memory (5/23-5/24)) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2013-05-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域制限を持つガウス通信路に対するHolevo容量 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Holevo capacity of quantum Gaussian channel with limited bandwidth 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帯域制限 / limited bandwidth  
キーワード(2)(和/英) Holevo容量 / Holevo capacity  
キーワード(3)(和/英) Shannon通信容量 / Shannon capacity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 焦 勇 / Yong Jiao / ショウ ユウ
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相馬 正宜 / Masaki Sohma / ソウマ マサキ
第2著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 広田 修 / Osamu Hirota /
第3著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-24 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2013-3 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.58 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2013-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会