電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-17 10:15
PIアダプティブアレーにおける信号環境と拘束ベクトル ~ 到来波環境および素子特性と拘束ベクトルとの関係 ~
藤元美俊福井大)・堀 智田端隆伸小島プレス)・堀 俊和福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,Power Inversionアルゴリズムを用いたアダプティブアレー(以下,PIアダプティブアレー)を,ITS通信における干渉低減や自動車内における干渉低減に応用する研究が進められている.従来のPIアダプティブアレーでは,複数のアンテナ素子における素子特性および信号環境は均一とされており,その場合,PIアダプティブアレーで用いる拘束ベクトルの設定には,自由度があった.しかし,上述のような応用例では必ずしも同一特性,同一信号環境とはならず,その場合,拘束ベクトルの設定によって動作特性が異なることを筆者らは見出した.
本報告では,素子ごとに条件が異なる場合のPIアダプティブアレーの動作を示し,適切な拘束ベクトルの設定方法について検討した結果を述べる.はじめに解析的に検討し,拘束ベクトルの影響について理論的に検討する.次に,数値例を示し,理論的検討結果と合わせて拘束ベクトルの影響を明らかにする. 
(英) In recent years, applications of adaptive arrays based on Power Inversion algorithm (PI adaptive Array) for interference suppression in ITS communication or and in side of cars are actively researched. In conventional PI adaptive arrays, it is supposed that antenna elements have similar performance and signal environment of the elements are also the similar. In that case, there was some freedom in setting of a constraint vector in the PI adaptive arrays. However, in a specific situation such as above applications, the antenna elements and the signal environment are not similar. The authors have found that the performance of the PI adaptive array is considerably affected by the constraint vector in the specific situation.
In this report, behavior of the PI adaptive array is analyzed when the condition of the array antenna is not uniform. Then, appropriate selection on the constraint vector is discussed. Firstly, effect of the constraint vector is analyzed theoretically. Then, effect of the constraint vector is clarified though analytical result and numerical result.
キーワード (和) パワーインバージョン / アダプティブアレー / 拘束ベクトル / アンテナ素子 / / / /  
(英) Power inversion / Adaptive array / Constraint vector / Antenna element / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 34, AP2013-24, pp. 49-54, 2013年5月.
資料番号 AP2013-24 
発行日 2013-05-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PIアダプティブアレーにおける信号環境と拘束ベクトル 
サブタイトル(和) 到来波環境および素子特性と拘束ベクトルとの関係 
タイトル(英) Constraint Vector and Signal Environment in PI Adaptive Array 
サブタイトル(英) Relationship between Arrival Ssignal Environment, Antenna Element and Constraint Vector 
キーワード(1)(和/英) パワーインバージョン / Power inversion  
キーワード(2)(和/英) アダプティブアレー / Adaptive array  
キーワード(3)(和/英) 拘束ベクトル / Constraint vector  
キーワード(4)(和/英) アンテナ素子 / Antenna element  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 智 / Satoshi Hori / ホリ サトシ
第2著者 所属(和/英) 小島プレス工業 (略称: 小島プレス)
Kojima Press Industry Co., Ltd. (略称: Kojima Press)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田端 隆伸 / Takanobu Tabata / タバタ タカノブ
第3著者 所属(和/英) 小島プレス工業 (略称: 小島プレス)
Kojima Press Industry Co., Ltd. (略称: Kojima Press)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 俊和 / Toshikazu Hori / ホリ トシカズ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-17 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-24 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.34 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会