電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-17 11:15
列車内無線LANの伝搬特性
須郷剛裕林 昌孝前山利幸拓殖大)・今田諭志鈴木信雄渡辺伸吾KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,列車内での無線LAN サービス利用の要求が高まっている.列車は乗車率が変化する乗り物のため,伝搬環境が常に変化する.そのため,乗車率の変化による伝搬特性の把握が必要である.一方,座席に座って使用するノートPC に加え,スマートフォンの普及により立った状態で通信端末が利用されるようになった.そこで,列車内の伝搬特性を空間的に把握する必要があると考える.本稿では,乗車率の変化に伴う列車内の電波伝搬をFDTD 法により解析を行い,空間的な伝搬損失の累積確率として評価した.また実車両での測定を行ない、シミュレーションとの比較を行った. 
(英) In recent years, the use of wireless LAN in a train is demanded. The propagation in a train changes according to its occupancy. Therefore, it is necessary to study the propagation characteristics in a train depending on its occupancy. On the other hand, passengers use not only notebook PCs in seated position but also smartphones in standing position in a train, as a smartphone becomes popular. Thus it is considered to be necessary to analyze the propagation characteristics spatially in a train. In this paper, propagation characteristics in a train depending on its occupancy were analyzed by FDTD method, and were evaluated as cumulative probability. Furthermore, the simulation results were verified with actual measurement in a train.
キーワード (和) wirelessLAN / 鉄道 / 電波伝搬 / / / / /  
(英) wirelessLAN / train / propagation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 34, AP2013-26, pp. 59-64, 2013年5月.
資料番号 AP2013-26 
発行日 2013-05-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 列車内無線LANの伝搬特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Propagation of wireless LAN in the train 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) wirelessLAN / wirelessLAN  
キーワード(2)(和/英) 鉄道 / train  
キーワード(3)(和/英) 電波伝搬 / propagation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須郷 剛裕 / Takehiro Sugo / スゴウ タケヒロ
第1著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 昌孝 / Masataka Hayashi / ハヤシ マサタカ
第2著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前山 利幸 / Toshiyuki Maeyama / マエヤマ トシユキ
第3著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今田 諭志 / Satoshi Imata / イマタ サトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc (略称: KDDI R&D Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 信雄 / Nobuo Suzuki / スズキ ノブオ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc (略称: KDDI R&D Labs)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 伸吾 / Shingo Watanabe / ワタナベ シンゴ
第6著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc (略称: KDDI R&D Labs)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-17 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-26 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.34 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会