電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-16 14:50
OpenACCを用いたGPUによる各種FDTD法の高速化評価
園田 潤小関勇気仙台高専)・佐藤源之東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年, 画像処理用プロセッサGPU (Graphics Processing Unit) による様々なアプリケーションの高速化が試みられており,電磁界解析手法として用いられるFDTD法やモーメント法などのGPU実装が行われている。しかしながら,GPUではCUDAやOpenCLで実装することが多く,現有のソースコードを書き換える必要があった.GPUでもOpenMPのようなディレクティブが使用できれば,既存ソースコードのGPU実装が容易になり,コード書き換えの手間をかけずに高速な計算資源を利用できる.本論文では,GPUにおけるディレクティブの統一規格であるOpenACCを用いたFDTD法,最適2次FDTD法,MW-FDTD法など各種FDTD法のGPU実装について,CUDA実装やCPUにおけるOpenMPマルチスレッド計算との比較検証を行っている. 
(英) The graphics processing unit (GPU) is used to accelerate non-graphics computation in recent years. However, we need to write a source code using the CUDA and the OpenCL on GPU programming, and to rewrite our present source codes. On the other hand, a directive as OpenMP are useful to port our present codes. In this paper, we have studied about use of the OpenACC directive on the various FDTD method, such as FDTD, optimal 2nd-order FDTD and Moving-Window FDTD, with GPU computing.
キーワード (和) GPU / ディレクティブ / OpenACC / FDTD法 / 最適2次FDTD法 / MW-FDTD法 / /  
(英) GPU / directive / OpenACC / FDTD / optimal 2nd-order FDTD / MW-FDTD / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 34, AP2013-19, pp. 21-26, 2013年5月.
資料番号 AP2013-19 
発行日 2013-05-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenACCを用いたGPUによる各種FDTD法の高速化評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Various FDTD Method Using OpenACC Directive on GPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(2)(和/英) ディレクティブ / directive  
キーワード(3)(和/英) OpenACC / OpenACC  
キーワード(4)(和/英) FDTD法 / FDTD  
キーワード(5)(和/英) 最適2次FDTD法 / optimal 2nd-order FDTD  
キーワード(6)(和/英) MW-FDTD法 / MW-FDTD  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 園田 潤 / Jun Sonoda / ソノダ ジュン
第1著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
Sendai National College of Technology (略称: Sendai National College of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小関 勇気 / Yuki Koseki / コセキ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
Sendai National College of Technology (略称: Sendai National College of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 源之 / Motoyuki Sato / サトウ モトユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-16 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-19 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.34 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会