電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-16 15:15
広帯域の負の透磁率構造の開発
青木雄太櫛山祐次郎宇野 亨有馬卓司東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,メタマテリアルと呼ばれる自然界には存在しない特性を示す人工媒質の研究がされている.その中でも特に,負の屈折率を有するメタマテリアルの研究に注目を集めている.負の屈折率を有するメタマテリアル周期構造によって実現されているものが多い.負の屈折率を有する構造に電磁波を当てると既存の媒質とは逆の方向に屈折をするため,アンテナの小型化やレンズの高性能化に寄与できる.負の屈折率を実現するには負の誘電率と負の透磁率が必要である.現在,負の誘電率を実現する構造は多く開発されている.一方で,負の透磁率を実現する有効な構造はあまり開発されていないのが現状である.本研究は負の透磁率を実現する有効な媒質の開発が目的である. 
(英) In recent years, the artificial medium called a metamaterial which shows the characteristic features which there is not in the nature is researched. In particular, the medium which has negative index of refraction is widely researched. Many metamaterials which has a negative refractive index is realized by a periodical structure. This medium contribute to the miniaturization of the antenna and the high efficiency of the lens. The medium which has negative index of refraction has both the negative permittivity and the negative permeability. In this paper, the structure with the broadband negative permeability frequency range is developed.
キーワード (和) メタマテリアル / 透磁率 / / / / / /  
(英) Metamaterial / Permeability / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 113, no. 34, AP2013-20, pp. 27-31, 2013年5月.
資料番号 AP2013-20 
発行日 2013-05-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2013-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広帯域の負の透磁率構造の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Broadband Negative Permeability structures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタマテリアル / Metamaterial  
キーワード(2)(和/英) 透磁率 / Permeability  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 雄太 / Yuta Aoki / アオキ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫛山 祐次郎 / Yujiro Kushiyama / クシヤマ ユウジロウ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇野 亨 / Toru Uno / ウノ トオル
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 有馬 卓司 / Takuji Arima / アリマ タクジ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-16 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2013-20 
巻番号(vol) IEICE-113 
号番号(no) no.34 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2013-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会